ジフルベンズロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジフルベンズロン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 35367-38-5
PubChem 37123
特性
化学式 C14H9ClF2N2O2
モル質量 310.6835754 g/mol
融点

239 ℃

への溶解度 0.08 mg/L
危険性
半数致死量 LD50 13.5 g/kg (経口、マウス) [1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジフルベンズロン(diflubenzuron)は有機化合物の一種。接触性殺虫剤として利用されている。

脱皮阻害効果による殺虫剤であり、幼虫全令期に適する。有機リン剤に耐性がある昆虫にも有効である。人畜、鳥、魚に対して安全性が高い。商品名「デミリン」の名で知られ、25%水和剤として売られている[2]。日本では兼商デミリン水和剤が1987年に農薬登録されている[3]

急性毒性は弱く、目に入らなければ刺激性もほとんど無く、ラットでの発癌性、催奇性も確認されていない[3]

注釈、出典[編集]

  1. ^ 三共デミリン水和剤25%(PDF)
  2. ^ 日本防疫殺虫剤協会 薬剤の知識
  3. ^ a b アグロ・カネショウ株式会社開発部 『日本農薬学会誌』 ジフルベンズロンの毒性試験の概要、Vol.17, No.2(19920520)、pp.S159-S164