ジフェニルエーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジフェニルエーテル
識別情報
CAS登録番号 101-84-8
特性
化学式 C12H10O
モル質量 170.2104 g/mol
外観 ゼラニウムの芳香を持つ無色の固体または液体
融点

25 - 27°C

沸点

121°C at 1.34 kPa
257°C at 101.3 kPa

への溶解度 不溶
危険性
MSDS Aldrich MSDS
引火点 115 °C (388.15 K)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジフェニルエーテル(diphenylether)は、化学式がO(C6H5)2有機化合物である。ヒドロキシル化ニトロ化ハロゲン化スルホン化、そして、フリーデル・クラフツアルキル化またはアシル化など、フェニル基に特有な反応を受けやすい[1]。シンプルなエーテルであるため様々な場で用いられている。

合成[編集]

ジフェニルエーテルとその特性は1901年に初めて報告されている[2] 。このエーテルは、塩基触媒の存在下、ナトリウムフェノキシドブロモベンゼンとを反応させるウィリアムソンエーテル合成によって作られる。

PhONa + PhBr → PhOPh + NaBr

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Fiege, H.; Voges, H.-M.; Hamamoto, T; Umemura, S.; Iwata, T.; Miki, H.; Fujita, Y.; Buysch, H.-J.; Garbe, D.; Paulus, W. (2000). “Phenol Derivatives”. Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry (Weinheim: Wiley-VCH). doi:10.1002/14356007.a19_313. 
  2. ^ Cook, A. N. (1901). “Derivatives of Phenylether”. Journal of the American Chemical Society 23 (11): 806–813. doi:10.1021/ja02037a005. 

関連項目[編集]