ジヒドロベンゾフェナントリジンオキシダーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジヒドロベンゾフェナントリジンオキシダーゼ
識別子
EC番号 1.5.3.12
CAS登録番号 114051-83-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ジヒドロベンゾフェナントリジンオキシダーゼ(dihydrobenzophenanthridine oxidase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

(1) ジヒドロサンギナリン + O2 \rightleftharpoons サンギナリン + H2O2
(2) ジヒドロケリルビン + O2 \rightleftharpoons ケリルビン + H2O2
(3) ジヒドロマカルピン + O2 \rightleftharpoons マカルピン + H2O2

酵素反応には補因子としてが用いられる。

この酵素の組織名はdihydrobenzophenanthridine:oxygen oxidoreductaseである。

参考文献[編集]

  • Schumacher, H.-M. and Zenk, M.H. (1988). “Partial purification and characterization of dihydrobenzophenanthridine oxidase from Eschscholtzia tenuifolia cell suspension cultures.”. Plant Cell Reports 7: 43-46. 
  • Arakawa, H., Clark, W.G., Psenak. M. and Coscia, C.J. (1992). “Purification and characterization of dihydrobenzophenanthridine oxidase from elicited Sanguinaria canadensis cell cultures.”. Arch. Biochem. Biophys. 299: 1-7. PMID 1444440.