ジヒドロケンペロール-4-レダクターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジヒドロケンペロール-4-レダクターゼ
識別子
EC番号 1.1.1.219
CAS登録番号 98668-58-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ジヒドロケンペロール-4-レダクターゼ(dihydrokaempferol 4-reductase)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

cis-3,4-ロイコペラルゴニジン + NADP+ \rightleftharpoons (+)-ジヒドロケンペロール + NADPH + H+

反応式の通り、この酵素の基質cis-3,4-ロイコペラルゴニジンNAD+、生成物は(+)-ジヒドロケンペロールNADHとH+である。

組織名はcis-3,4-leucopelargonidin:NADP+ 4-oxidoreductaseで、別名にdihydroflavanol 4-reductase, dihydromyricetin reductase, NADPH-dihydromyricetin reductase, dihydroquercetin reductaseがある。

参考文献[編集]

  • Heller W, Forkmann G, Britsch L and Grisebach H (1985). “Enzymatic reduction of (+)-dihydroflavonols to flavan-3,4-cis- diols with flower extracts from Matthiola incana and its role in anthocyanin biosynthesis”. Planta 165: 284–287. doi:10.1007/BF00395052. 
  • Stafford HA and Lester HH (1985). “Flavan-3-ol biosynthesis the conversion of (+)- dihydromyricetin to its flavan-3,4-diol (leucodelphinidin) and to (+)-gallocatechin by reductases extracted from tissue-cultures of Ginkgo biloba and Pseudotsuga-menziesii”. Plant Physiol. 78: 791–794. doi:10.1104/pp.78.4.791.