ジヒドロオロト酸オキシダーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジヒドロオロト酸オキシダーゼ
識別子
EC番号 1.3.3.1
CAS登録番号 9029-03-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
Human dihydroorotate dehydrogenase
識別子
略号 DHODH
Entrez 1723
HUGO 2867
OMIM 126064
PDB 1D3G (RCSB PDB PDBe PDBj)
RefSeq NM_001361
UniProt Q02127
他のデータ
EC番号 1.3.3.1
遺伝子座 Chr. 16 q22

ジヒドロオロト酸オキシダーゼ(dihydroorotate oxidase)はピリミジンde novo合成の4番目の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

(S)-ジヒドロオロト酸 + O2 \rightleftharpoons オロト酸 + H2O2
Dihydroorotate oxidase reaction.PNG

ヒトジヒドロオロト酸オキシダーゼはFMN結合フラボタンパク質の随所で見られ、バクテリア(gene pyrD)では細胞膜の内部に位置している。出芽酵母Saccharomyces cerevisiae)(gene URA1)のような数種の酵母菌では細胞質性タンパク質で、他の真核生物ではミトコンドリアで見られる[1]

脚注[編集]

  1. ^ Lacroute F, Thomas D, Nagy M (1992). “Divergent evolution of pyrimidine biosynthesis between anaerobic and aerobic yeasts”. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 89 (19): 8966–8970. doi:10.1073/pnas.89.19.8966. PMID 1409592. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]