ジノ・ヴィニコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジノ・ヴィニコフZino Vinnikov,1943年 - )はロシアヴァイオリニスト。ジーノ・ヴィンニコフとも記される。

略歴[編集]

レニングラード音楽院ミハイル・ヴァイマンに学び、在学中にソ連ヴァイオリン・コンクールに優勝、その後も1966年チャイコフスキー国際コンクール第5位、1967年ジョルジェ・エネスク国際コンクール優勝、1971年エリザベート王妃国際音楽コンクール第8位の実績を残す。テミルカーノフスヴェトラーノフヤンソンスらと協演、特にメニューインとは近しく、彼の指揮するロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と協演したチャイコフスキーヴァイオリン協奏曲憂鬱なセレナードは高い評価を得る。レニングラード・フィルハーモニー交響楽団ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団ハーグ・レジデンティ管弦楽団等のコンサートマスターを歴任した。サンクトペテルブルク音楽院ロッテルダム音楽院ユトレヒト音楽院等の教授をつとめ、各国のマスタークラスで教える。1982年オランダ国籍となった。