ジチオエリトリトール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジチオエリトリトール
識別情報
CAS登録番号 6892-68-8
PubChem 439352
特性
化学式 C4H10O2S2
モル質量 154.25 g mol−1
融点

82-84 ℃

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジチオエリトリトール (dithioerythritol, DTE) とは、四炭糖エリトロースの硫黄誘導体のひとつ。エリトリトールの両端のヒドロキシ基チオール基に変わったもので、メソ体となっている。ジチオトレイトール (DTT) のエピマーにあたる。分子式は C4H10O2S2

DTT と同様に、DTE は優れた還元剤である。DTE の標準還元電位は DTT ほど負側ではない、すなわち還元力は DTT に及ばない。これはおそらく酸化を受けて生じる環状のジスルフィドについて、ヒドロキシ基どうしに立体反発があるためと考えられている。


脚注[編集]

  • Cleland, W. W. (April 1964). “Dithiothreitol, A New Protective Reagent for SH Groups”. Biochemistry 3: 480–482. PMID 14192894.