ジダン 神が愛した男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジダン 神が愛した男
Zidane, un portrait du 21e siècle
監督 ダグラス・ゴードン
フィリップ・パレーノ
出演者 ジネディーヌ・ジダン:本人役
音楽 モグワイ
撮影 ダリウス・コンジ
編集 エルヴェ・シュネイ
配給 シネカノン
公開 フランスの旗 2006年5月24日
日本の旗 2006年7月15日
上映時間 95分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

ジダン 神が愛した男』(原題:Zidane, un portrait du XXIe siècle)は2006年7月15日公開のフランス映画。ジダンがレアルマドリードで活躍する姿を、実際の公式戦の試合で撮影したドキュメンタリー映画

あらすじ[編集]

2005年4月23日に開催されたスペインリーグ、(リーガエスパニョーラ)レアル・マドリードビジャレアル戦のリーグ戦90分をレアルマドリード全面協力の上で撮影、サッカー界のスター、ジネディーヌ・ジダンがスペインリーグで繰り広げる熱戦・華麗なるプレーの数々を、高解像度カメラ17台のカメラを駆使してピッチ上の視点で撮影し、ピッチの上で躍動するジダンの試合中の肉声もリアルに伝える、ドキュメンタリータッチの映画。ベッカムロナウドらチームメイトも出演する。

2006年開催の第59回カンヌ国際映画祭で招待上映された。

ロケ地[編集]

その他エピソード[編集]

  • 2006年ドイツワールドカップ決勝戦にて、ジダンは頭突き事件で退場してしまうが、この「ジダン 神が愛した男」でもレッドカード退場するシーンが各マスコミで大きく報じられ、当初ドキュメンタリー映画でそれ程注目されなかったが、ジダン頭突き報道の影響でサッカーファン以外の客層も取り込む予想外の人気となった。
  • 日本の配給元のシネカノンでは、有楽町シネカノン限定イベント・2006年ドイツワールドカップでフランス代表が勝ち進むと割引を行うキャンペーンを実施、準優勝まで勝ち進んだので、2006年7月18日のみ割引料金1,000円(公式サイトキャンペーンページを印刷して持参が条件)で観賞出来るイベントを行った。
  • サウンドトラックスコットランドグラスゴー出身のポストロックバンド「モグワイ(Mogwai)」が担当。

外部リンク[編集]