ジゴキシゲニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジゴキシゲニン
識別情報
CAS登録番号 1672-46-4 チェック
PubChem 15478
ChemSpider 14728 チェック
ChEBI CHEBI:42098 チェック
ChEMBL CHEMBL1153 チェック
特性
化学式 C23H34O5
モル質量 390.51 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジゴキシゲニン (digoxigenin, DIG) は、ジギタリス属の植物 Digitalis orientalisDigitalis lanata の花や葉に存在するステロイドである。ジゴキシンアグリコン

分子サイズが小さいこと、生体分子に結合させることが比較的容易であること、ジゴキシゲニンを検出する抗体が存在することなどから、生化学における研究ツールとして用いられている。フルオレセインと共に、非放射性標識 in situ ハイブリダイゼーションにおける最も一般的なプローブ標識として用いられる。ジゴキシゲニンはRNAヌクレオシド三リン酸のうちの1種類(ウリジン三リン酸 uridine triphosphate、UTPが一般的)に結合され、RNAプローブを合成する際にプローブに取り込まれる。