ジグムント・ゾイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジグムント・ゾイス・フォン・エーデルスタイン
Žiga Zois.
人物情報
生誕 1747年11月23日
死没 1819年11月10日(満71歳没)
リュブリャナ
学問
テンプレートを表示

ジグムント・ゾイス・フォン・エーデルスタインジグムント・ゾイス、Sigmund Zois Freiherr von Edelstein、スロベニア語では Žiga Zois、1747年11月23日 - 1819年11月10日)はスロベニア貴族自然科学者芸術パトロンである。

父親のミケランジェロ・ゾイス (Michelangelo Zois) はヴェネツィア商人リュブリャナに移って、財産を作った。Carniola貴族と結婚し、伯爵を名乗ることが許された。Carniola と Kras に邸宅を構え、ジグムントは父親の邸の一つのトリエステで生まれた。自然科学をリュブリャナの Gabriel Gruber と Joseph Maffei に学び、さらにイタリアに学び、多くのを行い、多くの学者と知り合った。痛風を病み、その後の生活は病に悩まされた。リュブリャナに戻ると自然科学に興味を深め、ベルサザール・ハケットらの当時のスロベニアの知識人とともに働いた。

1780年代にゾイスの屋敷は自由な知識人の集まるスロベニアの啓蒙的な場所となった。Jurij Japelj、Blaž Kumerdej、Jernej KopitarAnton Tomaž LinhartValentin Vodnik などが優れたメンバーでゾイス・サークルと呼ばれた。ゾイスはパトロンとなり、彼らを指導し、彼らの文化的、科学的活動の資金を提供した。合理的、実証的な思想の持ち主であったが、フランス革命には強く反対し、レオポルト2世の穏健な開明的政治をサポートした。

オペラアリア民族音楽作詞が残されているが、文学の分野での貢献は小さく、Gottfried August Burger Lenore翻訳は失敗だとみなされている。ゾイスはこのような文学作品をつくるには、スロベニア語は平凡で粗野であるとしたが、同じ詩をフランツェ・プレシェーレンが巧みに訳したことによって、ゾイスの結論は覆された。ゾイスはまたズロベニア文学批評の創始者とされ、彼の批評の多くが、Valentin Vodnik との書簡の中に残されている。

リュブリャナで没した。

ゾイスの貢献は鉱物学地質学植物学動物学の分野にあり、彼の集めた約5,000点の鉱物のコレクションはスロベニア国立博物館 (National Museum of Slovenia) に保存されている。1795年にトリグラウ山の付近の地域を調査した。1805年には Carinthian Alps で発見された鉱物が新鉱物であることを示し、その鉱物は zoisite(灰簾石)と命名された。兄弟の植物学者カール・ゾイス (Karl Zois) の仕事を援助した。カール・ゾイスはCarniola の新種の花 Campanula zoysii を発見した。

スロベニアにおける自然科学の賞、ゾイス賞や、学生に対する奨学金に名前がつけられている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]