ジクロロフルオロメタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジクロロフルオロメタン
識別情報
CAS登録番号 75-43-4 チェック
PubChem 6370
ChemSpider 6130
UNII 7GAO4CRJ0B チェック
EINECS 200-869-8
RTECS番号 PA8400000
特性
化学式 CHCl2F
モル質量 102.92 g/mol
外観 Colorless gas
密度 1.405 g/cm3 at 9 °C

1.366 kg/m3 at 25 °C

融点

-135 °C

沸点

8.92 °C

への溶解度 9.420 g/l at 30 °C
log POW 1.55
蒸気圧 160 kPa
危険性
主な危険性 Dangerous for the environment (N)
Rフレーズ R59
Sフレーズ S59
発火点 522 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジクロロフルオロメタン(Dichlorofluoromethane)またはフロン21R21は、3つの置換基がハロゲンに置き換わったハロメタンの一種である。無色無臭の気体である。

臨界温度は178.5℃、臨界圧力は517MPaで、5Kから105Kでは、空間群Pbcaの単一の相となる。

利用[編集]

ジクロロフルオロメタンは、推進剤冷媒として用いられたが、オゾン層破壊物質であることが分かり、使われなくなった。オゾン破壊係数は0.04である。2004年以降、生産量や消費量は1989年レベルの15%になっており、オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書に従って2015年には全廃される予定である。

外部リンク[編集]