ジクロフェナク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジクロフェナク
Diclofenac.svg
IUPAC命名法による物質名
2-(2-(2,6-dichlorophenylamino)phenyl)acetic acid
臨床データ
胎児危険度分類
  • AU: A
  • B(初期)、X(末期)
法的規制
投与方法 経口、直腸、筋肉注射、静脈注射
薬物動態的データ
生物学的利用能 100%
血漿タンパク結合 99%以上
代謝 肝臓
半減期 1.2-2時間(35%は再流通する)
排泄 胆汁(尿中は1%)
識別
CAS番号 15307-86-5
ATCコード

M01AB05 M02AA15

, S01BC03
PubChem CID 3033
DrugBank APRD00527
KEGG D07816
化学的データ
化学式 C14H11Cl2NO2 
分子量 296.148g/mol
ボルタレン25mg錠

ジクロフェナク: Diclofenac)は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の一種。主に解熱、鎮痛のために用いられる。

日本では、ナトリウム塩のジクロフェナクナトリウム: Diclofenac sodium)が商品名「ボルタレン」(: Voltarenノバルティス)などで処方薬として販売されている。イギリスアメリカなどでもナトリウム塩が用いられているが、少数の国ではカリウム塩であるジクロフェナクカリウム: Diclofenac potassium)も用いられる。いくつかの製剤後発医薬品として製造されているほか、数カ国では一般用医薬品(OTC医薬品)として承認されている。

ジクロフェナクの安全性はかなり証明されているが、アレルギーを起こす可能性もある。

Diclofenacと言う名前は、2-(2-(2,6-dichlorophenylamino)phenyl)acetic acidから命名された。

作用機構[編集]

ジクロフェナクの半減期は短いが、効果は6〜8時間と長く持続する。これは関節液(synovial fluid)の特定の場所のみが高濃度になることによるものである。

ジクロフェナクは、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによってプロスタグランジン合成を抑制するため、解熱・鎮痛効果があると考えられている。しかし、上皮でも同様の作用がおこるため、胃酸によって胃炎を起こす可能性がある。

また、リポオキシゲナーゼ経路(lipooxygenase pathways)を阻害し、ロイコトリエンの合成を妨げている可能性がある。さらに、ホスホリパーゼ A2を阻害している可能性もあり、これらがジクロフェナクの高い効果の原因であるかもしれないと考えられている。ジクロフェナクの効果はNSAIDsの中でも非常に強力である。


使用対象[編集]

現在用いられている用途[編集]

ジクロフェナクは、関節炎痛風腎結石尿路結石片頭痛などの鎮痛目的で使用される。さらに、小規模から中規模な手術後や、外傷生理痛歯痛腰痛筋肉痛を和らげるためにも使用される。

ジクロフェナクを長期間服用すると胃にダメージを与え、消化性潰瘍を引き起こす可能性がある。これを避けるため、ミソプロストールとジクロフェナクの併合剤(商品名「オルソテック」 Arthrotec)が使用されることもある。

数カ国ではジクロフェナクのジェル剤、および一般用医薬品としての販売が認可されている。

多くの国では、ジクロフェナクの点眼剤の急性、及び慢性の非細菌性炎症の治療に用いられている。

調査中の用途[編集]

ジクロフェナクはによる慢性痛や炎症の抑制にも用いられる。その結果、乳癌の骨転移の鎮痛に対して良好な効果があり、オピオイドより優れていることがわかった。

ジクロフェナクはオピオイドと結合させることができる。ジクロフェナクとコデイン(それぞれ50mg)の併合剤は、商品名「コンバレン」 Combarenとしてヨーロッパで癌に対して用いられている。向精神薬であるクロルプロチキセンアミトリプチリンの組み合わせが、何人かの癌患者に対する試験で効果的であることがわかった。

悪性リンパ肉芽腫の発熱はしばしばジクロフェナクに反応する。放射線療法化学療法によって発熱が治まった場合はジクロフェナクの投与は中止される。

長期間に渡って少量ずつ投与される場合はアルツハイマー型認知症の発症を抑える可能性がある。

また、ジクロフェナクがMIC 25μg/mLの多剤耐性大腸菌株に対して効果的であることがわかった。そのため、大腸菌による尿路感染症の治療に利用できる可能性がある[1]

禁忌事項[編集]

以下の場合は原則用いてはならない。ただし、医師薬剤師の判断で使用される場合もある。

以下の場合は使用に際して注意が必要である。

副作用[編集]

ジクロフェナクはよく用いられている薬であるが、いくつか副作用がある。長期間服用した場合は20%の患者に副作用が見られ、2%の患者は胃腸障害のため薬の投与を中止しなければならない[要出典]

報告されている副作用[編集]

一般的な副作用は次の通りである:吐き気、消化不良、消化器潰瘍・出血、肝臓酵素増大、下痢、ふらつき、塩および体液停留、高血圧

まれな副作用は次の通りである:食道潰瘍心不全高カリウム血症腎臓障害昏迷気管支痙攣発疹

心臓[編集]

2004年、選択的COX-2阻害剤ロフェコキシブによって心臓発作が起こったため、ジクロフェナクを含む他のNSAIDsの薬剤も同様の副作用を疑われた。2006年4月までの論文と報告を分析した結果、非投与者に比べて心臓病のリスクが1.63倍になることが判明した[3]。しかし、このリスクより薬が持つ利益の方が大きいため、状況に応じて投与されている。

74,838人のNSAIDs、もしくはコキシブの投与を受けている患者を調査した結果、ジクロフェナクによる心臓病のリスクが上昇しないことが2006年5月に報告された[4]

2006年9月、アメリカ食品医薬品局(FDA)のメディカルオフィサーにより、ジクロフェナクが心筋梗塞のリスクを上昇させると結論付けられた[5]

胃腸[編集]

ジクロフェナクはに対してダメージを与え、消化性潰瘍を引き起こす恐れがある。このような症状が現れた場合は即座に使用を中止しなければならない。

肝臓[編集]

肝臓に対する副作用がごくまれに起こる場合があるが、通常は可逆的である。肝炎が突然発症し、死亡する可能性もごくわずかにある。長期間投与する場合は、肝機能の変化を調べ続けなければならない。ただし、短期間しか使用しない場合はあまり影響しない。

腎臓[編集]

パキスタンで、ジクロフェナクに曝露された動物の死体を食べたハゲワシが、急性腎不全を起こして死亡した。

NSAIDsは、薬物に敏感なヒト・動物の腎臓におけるプロスタグランジン合成によって起こる腎臓への影響に関係している[6]。腎臓ではCOX-1とCOX-2の両方が存在するため、選択的COX-2阻害剤を使ってもこの影響が出てしまう。そのため、薬物に敏感なヒトは選択的COX-2阻害剤を使う場合でも予防措置を取っておかなければならない[6]

その他[編集]

ごくまれに骨髄への影響(白血球減少、無顆粒球症、血小板減少、再生不良性貧血など)がある。これらは発見が遅れれば、後遺症や命に関わる恐れがある。

環境問題[編集]

動物へのジクロフェナクの使用により、インド亜大陸の95%の地域ではハゲワシの個体数が減少した[7]。これは副作用の腎不全によるものである。ハゲワシは、獣医によってジクロフェナクが投与された家畜の死体を食べる。家畜にはジクロフェナクが蓄積されているため、これを食べたハゲワシが死亡した。2005年3月、インド政府はジクロフェナクを段階的に排除することを発表した[8]メロキシカムは高価ではあるが、より安全な代用品として候補に挙がっている[9]

インド亜大陸で10年間に数千万羽のハゲタカが死亡したが、これは同時に人間の健康も脅かしていることを意味している[9]。ハゲワシの数が減少したことで野犬の数が各地で増加した。野犬は狂犬病のキャリアであり、人間へも狂犬病を感染させるため危険視されている。ハゲワシの数が大幅に減少したため、絶滅危惧種に指定されている[9]

なお、パンジャーブではジクロフェナクの使用が禁止されたが、徐々にハゲワシの数が回復しつつある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mazumdar K, Dutta NK, Dastidar SG, Motohashi N, Shirataki Y (2006). “Diclofenac in the management of E. coli urinary tract infections”. In Vivo 20 (5): 613–9. PMID 17091768. 
  2. ^ 子どものインフル解熱剤に注意 重い脳症誘発の仕組み解明(中日新聞)
  3. ^ Kearney P, Baigent C, Godwin J, Halls H, Emberson J, Patrono C (2006). “Do selective cyclo-oxygenase-2 inhibitors and traditional non-steroidal anti-inflammatory drugs increase the risk of atherothrombosis? Meta-analysis of randomised trials.”. BMJ 332 (7553): 1302-8. PMID 16740558. 
  4. ^ Solomon D, Avorn J, Stürmer T, Glynn R, Mogun H, Schneeweiss S (2006). “Cardiovascular outcomes in new users of coxibs and nonsteroidal antiinflammatory drugs: high-risk subgroups and time course of risk.”. Arthritis Rheum 54 (5): 1378-89. PMID 16645966. 
  5. ^ Graham D (2006). “COX-2 inhibitors, other NSAIDs, and cardiovascular risk: the seduction of common sense”. JAMA 296 (13): 1653-6. doi:10.1001/jama.296.13.jed60058. PMID 16968830. http://jama.ama-assn.org/cgi/content/full/296/13/1653. 
  6. ^ a b Brater DC (2002). “Renal effects of cyclooxygyenase-2-selective inhibitors”. J Pain Symptom Manage 23 (4 Suppl): S15-20; discussion S21-3. PMID 11992745. 
  7. ^ Oaks JL, Gilbert M, Virani MZ, Watson RT, Meteyer CU, Rideout BA, Shivaprasad HL, Ahmed S, Chaudhry MJ, Arshad M, Mahmood S, Ali A, Khan AA (2004). “Diclofenac residues as the cause of vulture population decline in Pakistan”. Nature 427 (6975): 630-3. PMID 14745453. 
  8. ^ “Saving the Vultures from Extiction” (プレスリリース), Press Information Bureau, Government of India, (2005年5月16日), http://pib.nic.in/release/release.asp?relid=9303 2006年5月12日閲覧。 
  9. ^ a b c Swan G, Naidoo V, Cuthbert R, Green RE, Pain DJ, Swarup D, Prakash V, Taggart M, Bekker L, Das D, Diekmann J, Diekmann M, Killian E, Meharg A, Patra RC, Saini M, Wolter K (2006). “Removing the threat of diclofenac to critically endangered Asian vultures”. PLoS Biol 4 (3): e66. PMID 16435886. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]