ジキル&ハイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジキル&ハイド』(原題:Jekyll & Hyde)は、イギリスの作家ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説「ジキル博士とハイド氏」(原題:The Strange Case of Dr. Jekyll and Mr. Hyde)をもとにしたブロードウェイミュージカルである。

概要[編集]

レスリー・ブリカッス作詞脚本、フランク・ワイルドホーン作曲。

1990年5月にアメリカ、テキサス州ヒューストンのアリー劇場にて初演。その後7年の全米ツアーを経て1997年3月21日ブロードウェイ、プリマス劇場にてプレビュー公演が行われ、同年4月21日から2001年1月7日まで1543回上演。1997年度トニー賞の、最優秀ミュージカル脚本賞・最優秀ミュージカル主演男優賞・最優秀衣裳賞・最優秀照明賞部門にノミネートされた。

劇中のナンバー「時が来た(原題 This Is The Moment)」は、1992年のアルベールビル冬季オリンピックの公式テーマ曲にも選ばれている。

あらすじ[編集]

19世紀後半のロンドン。若き医者であり科学者でジキルは、老いて耄碌した父を元の父に戻したい一心で、人間の心に潜む善悪2つの別人格について研究をはじめた。完全な善意をもってすれば、完全なる悪意を消し去ることができるという持論の元、ジキルはある一つの薬を作り出す。

ジキルは有識者による理事会で、この薬を使った人体実験の承諾を得ようとする。ジキルの婚約者エマの父であるダンヴァース卿のとりなしもあったが、理事たちはこれを倫理に反し、神に対する冒涜であると却下。

失意のジキルを慰めようと、親友アターソンは夜の街へとジキルを連れ出す。そこで出会った娼婦ルーシーの心に触れてジキルはあるひらめきを得、彼女に何かあったときにはと名刺を渡して去った。

ある「ひらめき」。それは自らを実験台にすること。ジキルは薬を飲み、ジキルの悪意=ハイドが現れる。

薬によってジキルから変身したハイドは、夜な夜なルーシーの元に現れては強引に力づくで屈服させるその一方で、侮辱した理事会のメンバーをその手にかけていく。

次第に薬なしでも現れるようになったハイド。ジキルは自分の記憶が曖昧になっていることと、連続殺人と、彼の元に現れたルーシーの怪我とを見て全てを察する。そしてジキルは全てを元にもとすべく実験室に篭った。親友と、彼を愛する婚約者の心配をよそに……。

主なミュージカルナンバー[編集]

第1幕[編集]

  • Lost in the Darkness-闇の中で / ジキル
  • Facade-嘘の仮面 / アンサンブル
  • Pursue the Truth-真実を追えば / ジキル&アターソン
  • Emma's Reasons-エマの言い分 / エマ
  • Take Me as I Am-ありのままの / ジキル&エマ
  • Letting Go-別れ / ダンヴァース&エマ
  • No One Knows Who I Am
  • (Good 'N' Evil)
  • bring On The Man-連れてきて / ルーシー
  • This Is the Moment-時が来た / ジキル
  • Alive-生きている / ハイド
  • Sympathy, Tenderness
  • Someone Like You-あんなひとが / ルーシー

第2幕[編集]

  • Murder, Murder!-事件、事件 / アンサンブル
  • Once upon a Dream-あれは夢 / エマ
  • Obsession-狂気 / ジキル
  • In His Eyes-その目に / ルーシー&エマ
  • Dangerous Game-罪な遊戯 / ルーシー&ハイド
  • The Way Back
  • New Life-新たな生活 / ルーシー
  • Confrontation-対決 / ジキル&ハイド
  • Wedding Reception-結婚式 / エマ

主な海外公演[編集]

  • オランダとベルギー/1997年9月26日 - 1998年1月10日
  • ドイツ/1999年2月19日 - 2001年6月30日
  • スペイン/2000年9月6日 - 2001年5月27日
  • オーストリア/2001年9月29日 - 2002年5月1日、2002年9月7日 - 2003年4月26日
  • オランダ/2002年8月10日 - 10月20日、2003年10月9日 - 2004年2月21日
  • ギリシャ/2002年12月13日 - 2003年3月7日
  • デンマーク/2003年4月10日 - 5月11日
  • 韓国/2004年7月24日 - 8月21日、12月24日 - 2005年2月14日、2006年1月21日 - 2月5日、6月24日 - 8月15日
  • スウェーデン/2007年11月9日 - 12月1日

日本公演[編集]

公演記録[編集]

  • 2001年11月5日 - 11月30日 日生劇場
  • 2001年12月13日 - 12月18日 中日劇場
  • 2002年1月5日 - 1月17日 シアタードラマシティ
  • 2003年1月5日 - 1月31日 日生劇場
  • 2005年12月8日 - 12月28日 日生劇場
  • 2007年4月5日 - 4月29日 日生劇場
  • 2007年5月11日 - 5月13日 梅田芸術劇場
  • 2007年5月18日 - 5月27日 中日劇場
  • 2012年3月6日 - 3月28日 日生劇場

配役[編集]

  2001年 2003年 2005年 2007年 2012年
ヘンリー・ジキル
(エドワード・ハイド)
鹿賀丈史  石丸幹二
ルーシー・ハリス マルシア マルシア[2]
香寿たつき
濱田めぐみ
エマ・カルー 茂森あゆみ 知念里奈 鈴木蘭々 笹本玲奈
アターソン 段田安則 池田成志 石川禅 戸井勝海 吉野圭吾
ダンヴァース卿 浜畑賢吉 中嶋しゅう

脚注[編集]

  1. ^ 「ジキル&ハイド」のヘンリー・ジキルとエドワード・ハイドと「レ・ミゼラブル」のジャベールの役の演技に対して
  2. ^ 日生劇場公演のみ出演

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「ジキル&ハイド」は、ミュージカルに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(P:舞台芸術