ジェーン・サビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
オーストラリアの旗 オーストラリア
陸上競技
オリンピック
2004 アテネ 20km競歩

ジェーン・サビル(Jane Saville、1974年11月5日 - )は、オーストラリアの女子陸上競技選手。2004年アテネオリンピックの銅メダリストである。ニューサウスウェールズ州シドニー出身。夫はプロサイクリングロードレーサーマシュー・ホワイト

経歴[編集]

サビルは、子供のころから水泳、ライフセービングそして競歩を行ってきた。1990年にブルガリアプロヴディフで行われた世界ジュニア選手権の5000m競歩で13位となるが、2年後の大会を目指し練習に励み、1992年の同大会では2位と、国際大会で初めての表彰台となった。

サビルは、1996年アトランタオリンピックでは10km競歩に出場し、45分56秒で26位と目立たない成績であった。1998年のマレーシアクアラルンプールで開催されたコモンウェルスゲームズの10km競歩では、43分57秒で優勝し、大きな国際大会で初めての金メダルを獲得。2年後の2000年、サビルの地元で行われたシドニーオリンピックでも20km競歩に出場。トップをキープし金メダル目前であったが、ゴール直前、スタジアムの外からトラックに向かうトンネルの中で3度目の歩形違反を言い渡され失格となり、サビルは泣き崩れた。後に、「銃で撃たれた感じ」と感想を述べている。

2001年のエドモントンで開催された世界選手権でも、前年に続いて失格に終わったが、翌年の2002年のマンチェスターで行われたコモンウェルスゲームズでは、20km競歩で前回大会に続いて2連覇を果たした。

2004年、3大会連続のオリンピックとなったアテネオリンピックでは、20km競歩で、1時間29分25秒で3位となり、銅メダルを獲得。2000年の悔しい結果を少しだけ挽回することができた。

2006年、メルボルンで行われたコモンウェルスゲームズでは、オーストラリア選手団の旗手を務める。競技でも、出場した20km競歩で3連覇を達成。なお、妹のナタリー・サビルが2位に入り、姉妹で金銀を独占している。2007年には、大阪で行われた世界選手権に出場したが失格に終わっている。

2008年には4大会連続となる北京オリンピックに出場。しかし、トップから5分近く遅れる1時間31分17秒で20位に終わっている。

自己ベスト[編集]

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1992 世界ジュニア陸上選手権 ソウル(韓国) 5000m競歩 2位 21分58秒64
1994 コモンウェルスゲームズ ビクトリア(カナダ) 10km競歩 8位 47分14秒
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 10km競歩 26位 45分56秒
1997 世界陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 10000m競歩 13位(h) 46分12秒76
1998 コモンウェルスゲームズ クアラルンプール(マレーシア) 10km競歩 1位 43分57秒
1999 世界陸上選手権 セビリヤ(スペイン) 20km競歩 7位 1時間32分13秒
2000 オリンピック シドニー(オーストラリア) 20km競歩 - DQ
2001 世界陸上選手権 エドモントン(カナダ) 20km競歩 - DQ
2002 コモンウェルスゲームズ マンチェスター(イギリス) 20km競歩 1位 1時間36分34秒
2003 世界陸上選手権 パリ(フランス) 20km競歩 11位 1時間30分51秒
2004 オリンピック アテネ(ギリシャ) 20km競歩 3位 1時間29分25秒
2005 世界陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 20km競歩 20位 1時間33分44秒
2006 コモンウェルスゲームズ メルボルン(オーストラリア) 20km競歩 1位 1時間32分46秒
2007 世界陸上選手権 大阪(日本) 20km競歩 - DQ
2008 オリンピック 北京(中華人民共和国) 20km競歩 20位 1時間31分17秒