ジェールETO FC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェールETO FC
原語表記 Győri Egyetértés Torna Osztály Football Club
創設年 1904年
所属リーグ ネムゼティ・バイノクシャーグI
ホームタウン ジェール
ホームスタジアム ETOパルク
収容人数 16,000
代表者 ハンガリーの旗 タルショイ・チャバ
監督 ハンガリーの旗 ホルヴァート・フェレンツ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ジェールETO FCハンガリー語: Győri Egyetértés Torna Osztály Football Club)は、ハンガリージェールにホームを置くサッカークラブである。ハンガリー国内リーグで3回優勝、1964-65シーズンのヨーロピアンカップで準決勝に進出した。

歴史[編集]

初期[編集]

ジェールは1937年にハンガリー1部リーグに初めて昇格した。しかし1937-38シーズンに13位に終わり、2部リーグに降格した。1946年に再び1部リーグに昇格し、今度は10シーズン連続で参加したものの、1955年にまた降格した。1958年に1部リーグに復帰したが再び降格した。1960年のカムバック以降は一度も1部から降格していない。

1960年代・ヨーロピアンカップでの準決勝進出(1964-65)[編集]

1963年、ジェールETO FCはハンガリー1部リーグのタイトルを初めて獲得した。その結果、チームは1964-65シーズンのヨーロピアンカップに出場した。1964年9月2日、ジェールはライプツィヒにてケミー・ライプツィヒを2-0で破った。セカンドレグにも4-2で勝利して1回戦進出を決めた[1]。1回戦ではロコモティフ・ソフィアと対戦し、ホームでの第1戦に5-3で勝ち、ソフィアでは4-3で敗れたもの合計8-7で勝った[2]。準々決勝ではジェールはオランダのドール・ウィルスクラフト・ステルク (DWS) と戦った。アムステルダムオリンピスフ・スタディオンで行われた第1戦は1-1、ホームでの第2戦には1-0で勝ち、合計2-1で勝利した[3]。準決勝ではポルトガルの巨人ベンフィカとあたり、ジェールは本拠地ネープシュタディオン(現在のプシュカーシュ・フェレンツ・シュタディオン)での第1戦に1-0で敗れ、エスタディオ・ダ・ルスでの第2戦にもベンフィカが4-0で勝ったため、ジェールはヨーロピアンカップから敗退した[4]

1980年代[編集]

1980年代にジェールは頂点に達し、1981-82および1982-83シーズンのハンガリーリーグに優勝した。1981-82シーズンには102点中、ハンニヒ・ペーテルセンテス・ラーザールが2人で43ゴールを挙げた。監督のヴェレベシュ・ヨーゼフはオランダスタイルのサッカーを標榜し、勝ち点49を積み上げた。翌シーズン、ジェールは最終戦でその勝ち点を44として、2位のフェレンツヴァーロシュの勝ち点43をわずかに上回った。センテスの怪我のため前シーズンよりチーム全体の得点数は20減り、ハンニヒは20ゴールで得点ランキング2位だった。1981-82シーズンの優勝によってチームは1982-83シーズンのヨーロピアンカップに出場した。ジェールは1回戦でベルギーチャンピオンのスタンダール・リエージュと対戦し、アウェーでの試合に5-0で敗れ、その後ホームでは3-0で勝利したものの、このラウンドで敗退した。翌1983-84シーズンのヨーロピアンカップでは、1回戦でアイスランドのヴィーキングルを負かした。ジェールは第1戦ではマジャルとブルチャのゴールによって2-1で勝利し、アウェーでの試合にもマジャルとセンテスのゴールにより2-0で勝利した。2回戦でジェールはより難しい対戦相手であるソビエト連邦のディナモ・ミンスクとあたった。ジェールで行われた第1戦ではディナモが6-3で勝利、ミンスクでのアウェーマッチにはジェールが3-1で勝利したが、ヨーロピアンカップからの敗退が決まった。ジェールは1983-84および1984-85シーズンはブダペスト・ホンヴェードに次ぐ2位、1985-86シーズンは3位となった。1986-87シーズンにクラブは10位に終わったが、翌シーズンは再びリーグのトップに近づき、4位に達した。

1990年代[編集]

1990年代は、1990-91と1991-92シーズンに2シーズン連続11位という幸先の悪い始まりだった。1995-96シーズンには15位に沈み、西部ハンガリーのライバル・FCショプロンとプレーオフマッチを戦わなければならなくなった。第1戦にジェールは2-0で勝利し、アウェーでの試合には2-1で敗れたが、この結果によりジェールは1部残留を決めた。クラブの歴史で最底辺の時期を経て、1996-97シーズンは9位、1997-98と1998-99シーズンには1990年代で最高順位となる4位につけた。

2000年代[編集]

本拠地ETOパーク

ピンテール・アッティラは2009年にジェールETO FCの監督になった。彼の監督時代にチームは2009-10シーズンに3位になり、2010-11シーズンのヨーロッパリーグに出場を決めた。予選1回戦でFCニトラと対戦し、第1戦は2-2[5]ETOパークでの第2戦ではジェールが3-1で勝利した[6]。予選2回戦ではカザフスタンのアティラウと対戦し、第1戦ではジェールがリナス・ピリバイティスフアド・ブゲラのゴールにより2-0で勝利[7]、第2戦もラティ・アレクシーゼミハイ・ニコレクのゴールにより2-0で勝利した[8]。予選3回戦ではフランスのモンペリエHSCと対戦し[9]、ETOパークでの第1戦ではモンペリエがオリヴィエ・ジルーのゴールで1-0の勝利[10]、第2戦はジェールがヴァレンティン・バビッチのゴールにより1-0で勝利した[11]。延長戦でも決着せず、PK戦にジェールが4-3で勝利してヨーロッパリーグのプレーオフ進出を決めた。プレーオフでジェールはクロアチアのディナモ・ザグレブと対戦し、第1戦ではディナモ・ザグレブが2-0で勝利[12]スタディオン・マクシミールで行われた第2戦でもジェールが2-1で敗れ、合計スコア4-1でヨーロッパリーグの敗退が決まった[13]

試合数の増加によりジェールはハンガリーリーグとヨーロッパリーグの両方を成り立たせることができなかった。国内リーグでの結果は経営陣にとって満足のいくものではなく、そのためピンテールと経営陣は両者間の契約を解消した。経営陣は後任監督にチェルトーイ・アウレールを就任させた。

2010年代[編集]

2011年6月、UEFAはジェールのライセンス違反を認め、罰金と今後3シーズンのヨーロッパ大会からの追放を決めた[14][15]

タイトル[編集]

  • ハンガリーリーグ
    • 優勝 (3): 1963, 1981-82, 1982-83
    • 準優勝 (2): 1983-84. 1984-85
    • 3位 (5): 1967, 1973-74, 1985-86, 2007-08, 2009-10

クラブ名の遍歴[編集]

  • 1994: Győri ETO FC
  • 1992: Rába ETO FC Győr
  • 1985: Győri ETO FC
  • 1965: Rába ETO Győr
  • 1957: Győri Vasas ETO
  • 1957: Magyar Wilhelm Pieck Vagon- és Gépgyár ETO Győr
  • 1954: Wilhelm Pieck Vasas ETO SK Győr
  • 1953: Vasas SE Győr
  • 1952: Győri Vasas
  • 1950: Győri Vasas SC ETO
  • 1904: Győri Vagongyár ETO

出典:[16]

現所属メンバー[編集]

2014年1月9日現在
No. Pos. 選手名
2 ハンガリーの旗 DF タカーチ・アーコシュ
3 クロアチアの旗 MF マルコ・ディニャル
4 セルビアの旗 DF ラザル・スタニシッチ
5 カメルーンの旗 MF パトリック・メヴング
8 ハンガリーの旗 MF ドゥダーシュ・アーダーム
9 スロベニアの旗 MF ロク・クロナヴェテル
10 イタリアの旗 FW レアンドロ・マルティネス
11 ハンガリーの旗 FW ヴァルガ・ロランド
12 セルビアの旗 MF ニコラ・トライコヴィッチ
13 ハンガリーの旗 MF カルマール・ジョルト
14 ハンガリーの旗 FW ルドルフ・ゲルゲイ
15 ハンガリーの旗 DF ヴェルジ・ダーニエル
16 ハンガリーの旗 DF リプターク・ゾルターン
17 ハンガリーの旗 MF パートカイ・マーテー
No. Pos. 選手名
18 ハンガリーの旗 DF ラング・アーダーム
19 セルビアの旗 MF ネマニャ・アンドリッチ
20 ルーマニアの旗 MF ミハイ・ニコレク
21 チェコの旗 MF マレク・ストシェシュティーク
22 チェコの旗 MF ミハル・シュヴェツ
23 ハンガリーの旗 GK ポガチチ・クリスティアーン
24 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 MF ジョルジェ・カムベル
25 ジャマイカの旗 DF ラフェ・ウルフ
26 スロバキアの旗 GK リュボシュ・カメナール
27 ハンガリーの旗 GK ナジ・ゲルゲイ
28 セルビアの旗 DF ヴラディミール・ジョルジェヴィッチ
29 ハンガリーの旗 MF コルタイ・タマーシュ
30 エルサルバドルの旗 FW ラファエル・ブルゴス

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン
リーグ 試合数 得点 失点 得失点 勝ち点 順位
1960-61 NB1 26 9 7 10 43 31 +12 25 8位
1961-62 NB1 26 6 10 10 30 44 -14 22 10位
1962-63 NB1 26 12 5 9 42 37 +15 29 6位
1963 NB1 13 6 5 2 20 7 +13 17 1位
1964 NB1 26 12 9 5 38 25 +13 33 5位
1965 NB1 29 12 9 8 41 30 +11 30 5位
1966 NB1 26 11 9 6 38 29 +9 31 5位
1967 NB1 30 14 11 5 68 37 +31 39 3位
1968 NB1 30 6 11 13 37 48 -11 23 14位
1969 NB1 30 12 10 8 53 36 +17 34 5位
1970 NB1 14 3 1 10 9 23 -14 7 16位
1970-71 NB1 30 13 6 11 37 34 +3 33 9位
1971-72 NB1 30 7 12 11 36 51 -15 21 10位
1972-73 NB1 30 14 2 14 46 51 -5 30 8位
1973-74 NB1 30 15 8 7 43 35 +8 38 3位
1974-75 NB1 28 10 5 13 40 44 -4 25 9位
1975-76 NB1 30 7 11 12 36 49 -13 25 11位
1976-77 NB1 34 15 5 14 54 46 +8 35 7位
1977-78 NB1 34 6 13 15 37 52 -15 25 15位
1978-79 NB1 34 12 11 11 40 33 +7 35 6位
1979-80 NB1 34 14 10 16 59 62 -3 32 13位
1980-81 NB1 34 9 13 12 43 43 0 31 11位
1981-82 NB1 34 21 7 6 102 50 +52 49 1位
1982-83 NB1 30 19 6 5 82 37 +45 44 1位
1983-84 NB1 30 14 9 7 66 58 +8 37 2位
1984-85 NB1 30 15 6 9 57 49 +8 36 2位
1985-86 NB1 30 13 11 6 60 43 +17 37 3位
1986-87 NB1 30 9 11 10 51 45 +6 29 10位
1987-88 NB1 30 17 7 9 49 43 +6 35 4位
1988-89 NB1 30 16 3 2 44 31 +13 56 5位
1989-90 NB1 30 7 14 9 34 30 +4 35 12位
1990-91 NB1 30 8 10 12 35 41 -6 26 11位
1991-92 NB1 30 8 10 12 34 43 -9 26 11位
1992-93 NB1 30 10 9 11 38 43 -5 29 9位
1993-94 NB1 30 15 7 8 51 37 +14 37 5位
1994-95 NB1 30 11 5 14 42 40 +2 35 11位
1995-96 NB1 30 6 9 15 34 54 -20 27 15位
1996-97 NB1 34 10 12 12 44 51 -7 42 9位
1997-98 NB1 34 18 9 7 47 31 +16 63 4位
1998-99 NB1 34 16 11 7 53 39 +14 59 4位
1999-2000 NB1 32 12 8 12 52 36 +16 44 8位
2000-01 NB1 22 11 5 6 34 32 +2 40 5位
2001-02 NB1 38 10 14 14 51 64 -13 44 10位
2002-03 NB1 32 9 9 14 41 50 -9 36 6位
2003-04 NB1 32 10 6 16 36 54 +18 36 10位
2004-05 NB1 30 16 6 8 44 32 +12 54 5位
2005-06 NB1 30 9 9 12 47 50 -3 36 9位
2006-07 NB1 30 9 8 13 37 43 -6 35 13位
2007-08 NB1 30 16 10 4 64 35 +29 58 3位
2008-09 NB1 30 11 10 9 57 41 +16 43 8位
2009-10 NB1 30 15 12 3 38 18 +20 57 3位
2010-11 NB1 30 10 11 9 40 35 +5 41 8位
2011-12 NB1 30 20 3 7 56 31 +25 63 3位
2012-13 NB1 30 19 7 4 57 31 +24 64 1位
2013-14 NB1 30 18 8 4 58 32 +26 62 2位

ヨーロッパの大会での成績[編集]

UEFAチャンピオンズリーグ[編集]

シーズン 大会 ラウンド クラブ ホーム アウェー 合計
1964-65 ヨーロピアンカップ 予選 東ドイツの旗 ケミー・ライプツィヒ 4-2 2-0 6-2
1回戦 ブルガリア ロコモティフ・ソフィア 5-3 3-4 8-7
準々決勝 オランダの旗 DWS 1-0 1-1 2-1
準決勝 ポルトガルの旗 SLベンフィカ 0-1 0-4 0-5
1982-83 ヨーロピアンカップ 1回戦 ベルギーの旗 スタンダール・リエージュ 3-0 0-5 3-5
1983-84 ヨーロピアンカップ 1回戦 アイスランドの旗 ヴィーキングルKF 2-1 2-0 4-1
2回戦 ソビエト連邦の旗 FCディナモ・ミンスク 3-6 1-3 4-9

UEFAカップウィナーズカップ[編集]

シーズン 大会 ラウンド クラブ ホーム アウェー 合計
1966-67 UEFAカップウィナーズカップ 1回戦 イタリアの旗 フィオレンティーナ 4-2 0-1 4-3
2回戦 ポルトガルの旗 SCブラガ 3-0 0-2 3-2
準々決勝 ベルギーの旗 スタンダール・リエージュ 2-1 0-2 2-3
1967-68 UEFAカップウィナーズカップ 1回戦 キプロスの旗 アポロン・リマソールFC 5-0 4-0 9-0
2回戦 イタリアの旗 ACミラン 2-2 1-1 3-3(a)
1968-69 UEFAカップウィナーズカップ 1回戦 ルーマニア ディナモ・ブカレスト x x w/o
1979-80 UEFAカップウィナーズカップ 1回戦 イタリアの旗 ユヴェントスFC 2-1 0-2 2-3

UEFAカップ[編集]

シーズン 大会 ラウンド クラブ ホーム アウェー 合計
1969-70 インターシティーズ・フェアーズカップ 1回戦 スイスの旗 ローザンヌ・スポール 2-1 2-1 4-2
2回戦 スペイン FCバルセロナ 2-3 0-2 2-5
1974-75 UEFAカップ 1回戦 ブルガリアの旗 ロコモティフ・プロヴディフ 3-1 1-3 4-4(a)
2回戦 西ドイツの旗 フォルトゥナ・デュッセルドルフ 2-0 0-3 2-3
1984-85 UEFAカップ 1回戦 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 2-2 0-3 2-5
1985-86 UEFAカップ 1回戦 チェコスロバキアの旗 FCボヘミアンズ・プラハ 3-1 1-4 4-5(aet)
1986-87 UEFAカップ 1回戦 ソビエト連邦の旗 ディナモ・ミンスク 0-1 4-2 4-3
2回戦 イタリアの旗 トリノFC 1-1 0-4 1-5
2008-09 UEFAカップ 予選1回戦 グルジアの旗 FCゼスタポニ 1-1 2-1 3-2
予選2回戦 ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト 1-4 1-2 2-6

UEFAインタートトカップ[編集]

シーズン 大会 ラウンド クラブ ホーム アウェー 合計
1989 UEFAインタートトカップ グループ4 スイスの旗 グラスホッパー 1-0 1-2
グループ4 オーストリアの旗 VfBアドミラ・ヴァッカー 5-0 1-5
グループ4 デンマークの旗 ブレンビーIF 1-0 1-1
2003 UEFAインタートトカップ 1回戦 キプロスの旗 エスニコス・アフナFC 1-1 2-2 3-3(a)
2回戦 スペインの旗 ラシン・サンタンデール 2-1 0-1 2-2(a)

UEFAヨーロッパリーグ[編集]

シーズン 大会 ラウンド クラブ ホーム アウェー 合計
2010–11 UEFAヨーロッパリーグ 予選1回戦 スロバキアの旗 ニトラ 3–1 2–2 5–3
予選2回戦 カザフスタンの旗 アティラウ 2–0 3–0 5–0
予選3回戦 フランスの旗 モンペリエ 0–1 1–0 1–1(p)
プレーオフ クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ 0–2 1–2 1–4

歴代監督[編集]

出典:[17]

その他の部門[編集]

ジェールETOはいくつかの部門においても成功を収めている。たとえばハンドボールチームが全国選手権で多く優勝している。男子チームは1986年にラーバ・ヴァシャシュETOジェールとしてEHFカップに優勝した。現在ではとりわけ女子チームがよく知られており、2006年にカップウィナーズカップで決勝進出、2007年にチャンピオンズリーグで準決勝に進出した。

脚注[編集]

  1. ^ 1964/65 European Champions Clubs' Cup”. UEFA (2011年8月8日). 2011年8月22日閲覧。
  2. ^ 1964/65 European Champions Clubs' Cup”. UEFA (2011年8月8日). 2011年8月22日閲覧。
  3. ^ 1964/65 European Champions Clubs' Cup”. UEFA (2011年8月8日). 2011年8月22日閲覧。
  4. ^ 1964/65 European Champions Clubs' Cup”. UEFA (2011年8月8日). 2011年8月22日閲覧。
  5. ^ Nitra 2-2 Győr”. UEFA (2010年7月1日). 2011年8月22日閲覧。
  6. ^ Győr 3-1 Nitra”. UEFA (2010年7月8日). 2011年8月22日閲覧。
  7. ^ Atyrau 0-2 Győr”. UEFA (2010年7月15日). 2011年8月22日閲覧。
  8. ^ Győr 2-0 Atyrau”. UEFA (2010年7月22日). 2011年8月22日閲覧。
  9. ^ Montpellier itching to get going”. UEFA (2010年7月27日). 2011年8月22日閲覧。
  10. ^ Győr 0-1 Montpellier”. UEFA (2010年7月29日). 2011年8月22日閲覧。
  11. ^ Montpellier 0-1 Győr”. UEFA (2010年8月5日). 2011年8月22日閲覧。
  12. ^ Győr 0-2 Dinamo Zagreb”. UEFA (2010年8月19日). 2011年8月22日閲覧。
  13. ^ Dinamo Zagreb 2-1 Győr”. UEFA (2010年8月26日). 2011年8月22日閲覧。
  14. ^ “Gyor” is suspended from European cup”. footballinfo.org (2011年6月19日). 2011年6月19日閲覧。
  15. ^ Györ suspended and fined, MLSZ fined”. UEFA.com (2011年6月17日). 2012年4月12日閲覧。
  16. ^ http://www.eto.hu/regi/index.php?op=content&sel=30
  17. ^ http://www.eto.hu/index.php?lan=hu&m=47

外部リンク[編集]