ジェームズ・ラムゼイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
初代ダルハウジー侯爵
ジェームズ・ブラウン=ラムゼイ
James Broun-Ramsay,
1st Marquess of Dalhousie
James Ramsay, 1st Marquess of Dalhousie by Sir John Watson-Gordon.jpg
生年月日 1812年4月22日
没年月日 1860年12月19日 (満48歳没)
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 保守党
称号 初代ダルハウジー侯爵、第10代ダルハウジー伯爵英語版シッスル勲章士(KT)、枢密顧問官(PC)

任期 1848年1月12日 - 1856年2月28日[1]
女王 ヴィクトリア

内閣 第2次ピール内閣
任期 1845年2月5日 - 1846年6月27日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ハディングトンシャー選挙区英語版
任期 1837年7月24日 - 1838年3月21日[2]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1838年3月21日 - 1860年12月22日[2]
テンプレートを表示

初代ダルハウジー侯爵、第10代ダルハウジー伯爵、ジェームズ・アンドルー・ブラウン=ラムゼイ: James Andrew Broun-Ramsay, 10th Earl of Dalhousie, 1st Marquess of Dalhousie, KT, PC1812年4月22日 - 1860年12月19日)は、イギリス政治家貴族

1848年から1856年にかけてインド総督を務め、近隣諸国領土や藩王国の併合を推進した。

経歴[編集]

インドの絵に描かれたダルハウジー卿

1812年スコットランド貴族第10代ダルハウジー伯爵英語版ジョージ・ラムゼイ英語版とその妻キャサリン(旧姓ブラウン)の三男として生まれる[3]

ハーロー校を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチを卒業[3]

1837年から1838年にかけてハディングトンシャー選挙区英語版から選出されて庶民院議員を務めるも[3]。翌年1838年3月に死去した父より第10代ダルハウジー伯爵位や連合王国貴族の第2代ダルハウジー・オブ・ダルハウジー・キャッスル男爵位などを継承し[3]貴族院議員に転じる[2]

保守党に所属し[4]1843年から第二次ピール内閣の商務庁副長官英語版、1845年から商務庁長官英語版を務める[3]

保守党の政治家ながらホイッグ党党首ジョン・ラッセル卿から高く評価されており、ピールの跡を受けて首相になったラッセルの決定によって1848年1月よりインド総督に就任した[5]

積極的な併合政策を取り、第2次シク戦争英語版(1848年-1849年)により、パンジャーブを併合し、1852年からの第2次ビルマ戦争ペグー地方を奪取し、下ビルマ一帯をイギリス支配下においた[6][7][注釈 1]

既にイギリス保護領となっていた、インド藩王国に対して強引な併合政策を推し進め、養子相続を認めない「失権の原理英語版」で、後継者の絶えたサーターラー藩王国1849年)、ジャーンシー藩王国1854年)、ナーグプル藩王国1854年)、タンジャーヴール藩王国1855年)などを、次々とイギリスへ編入した[6][8]

また、イギリスによって既に領土を奪われ、年金で暮らしていた君主たちに対しても「失権の原理」を適用し、1853年、旧マラーター同盟の宰相バージー・ラーオ2世英語版が死ぬと、その養子ナーナー・サーヒブ英語版に年金の支払いを拒否し[8][9][注釈 2]。、1855年に旧カルナータカ地方政権の当主グラーム・ムハンマド・ガウス・ハーンが死ぬと、同様の措置を取った。

1853年デカン高原の大藩王国ニザーム藩王国からは、イギリス駐留軍駐留費の不払いを理由に、保護条約に基づき、その代償としてベラール地方英語版を併合した。

1856年、同じく北インドの大藩王国アワド藩王国に対しては、失政が行われていると理由をつけて、その王権を取り上げ、全土併合を宣言した[6]

彼はインドにおいて、鉄道、道路、橋、運河の建設、郵便制度や電信施設の開設・整備、軍隊・警察の拡充などにもつとめ、そのインフラ事業と藩王国の強硬な併合政策と合わせて、植民地インドの全域を以前より緊密な統一下においた総督となった[10][11]。このため「近代インドの建設者」との評価もある[12]

1856年、任務を終えて帰国したが、過労のため健康を害しており、杖無しでは歩行困難な状態になっていた。1857年、ラムゼイの強引な藩王国併合政策が原因の一つとなり、インド大反乱が発生し、彼の政策は非難を受けたが、自ら反論に立つ余力もなく、健康をどんどん悪化させて、1860年12月19日には死去した[13]

彼には二人の娘がいたのみだったため、1849年に叙されたダルハウジー侯爵の称号は継承することができず、彼一代で終わった[3]。ダルハウジー伯爵位は従兄弟フォックス英語版に継承された。

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

その他名誉職[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 上ビルマはこの時点ではビルマ王朝の支配下に残されたが、1886年に時のインド総督ダファリン伯爵がビルマ王朝を攻め滅ぼし、上ビルマもイギリスに併合される[7]
  2. ^ これによってナーナーはインド大反乱において反乱軍の主要人物となる[9]

出典[編集]

  1. ^ 秦(2001) p.100
  2. ^ a b c UK Parliament. “Lord Ramsay” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年3月21日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “Sir James Andrew Ramsay, 1st and last Marquess of Dalhousie of Dalhousie Castle” (英語). thepeerage.com. 2014年3月21日閲覧。
  4. ^ 浜渦(1999) p.101
  5. ^ 浜渦(1999) p.101-102
  6. ^ a b c 浜渦(1999) p.102
  7. ^ a b メトカーフ(2006) p.139
  8. ^ a b メトカーフ(2006) p.140
  9. ^ a b 浜渦(1999) p.105
  10. ^ メトカーフ(2006) p.141-144
  11. ^ 浜渦(1999) p.105-106
  12. ^ 浜渦(1999) p.106
  13. ^ 浜渦(1999) p.107

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ウィリアム・グラッドストン
イギリスの旗 商務庁副長官英語版
1843年 - 1845年
次代:
サー・ジョージ・クリーク准男爵英語版
先代:
ウィリアム・グラッドストン
イギリスの旗 商務庁長官英語版
1845年 - 1846年
次代:
第4代クラレンドン伯爵
官職
先代:
初代ハーディング子爵英語版
Flag of the British East India Company (1801).svg インド総督
1848年 - 1856年
次代:
第2代カニング子爵
名誉職
先代:
初代ウェリントン公爵
Lord Warden Cinque Ports (Lord Boyce).svg 五港長官英語版
1853年 - 1860年
次代:
第3代パーマストン子爵
イギリスの爵位
新設 初代ダルハウジー侯爵
1849年 - 1860年
廃絶
スコットランドの爵位
先代:
ジョージ・ラムゼイ英語版
第10代ダルハウジー伯爵英語版
1838年 - 1860年
次代:
フォックス・モール=ラムゼイ英語版