ジェームズ・マレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェームズ・マレー(James Augustus Henry Murray, 1837年2月7日 - 1915年7月26日)は、言語学者で、辞典編纂者。

初版刊行まで70年を費やし、英語分野において最も信頼されている辞書、オックスフォード英語辞典(OED)の編集主幹。

略歴[編集]

1857年 - リチャード・トレンチ英語版が「わが国の英語辞典の欠陥について」と題してロンドン図書館で講演、今後、編纂されるべき大辞典についての意見を述べる。これはOEDの編纂に大きな影響を与える。)

1858年 - 言語学会が「歴史的原理にもとづく新英語辞典」の編纂を計画する。ハーバード・コールリッジ英語版が最初の編集主幹となるが、2年後に死去する。)

  • 1867年 - 大英博物館に就職を希望する手紙を書くが、採用されなかった。
  • 1869年 - 言語学会の評議委員となる。
  • 1873年 - 「スコットランド南部諸州の方言」を出版する。
  • 1877年 - 言語学会から辞典編纂の打診を受け、見本を数ページ作成する。見本は出版元として有力だったオックスフォード大学出版局に送られる。
  • 1878年 - オックスフォード大学に招かれ、同大学出版局の理事と面談する。
  • 1879年 - 言語学会とオックスフォード大学出版局が正式に契約を交わし、マレーが編集主幹となる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]