ジェームズ・フライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェームズ・フライ(James Frey、1969年9月12日 -)は、アメリカ合衆国の作家脚本家映画監督映画プロデューサー。2003年に出版された「A Million Little Pieces」で知られる。

来歴[編集]

作家になる前は、シカゴ周辺で働いていた。その後、カリフォルニア州ロサンゼルスに引っ越し、脚本家、映画監督、映画プロデューサーとして活動を始める。1996年の春から、「ア・ミリオン・リトル・ピーシーズ」(原題「A Million Little Pieces」)という本の執筆を始める。本の内容は、かつてミネソタ州のリハビリ施設で薬物依存症アルコール依存症の治療を受けていた頃の体験を綴ったものだった。しかし、フライ自身は薬物やアルコールの依存症に陥ったことも、交通事故を起こしたことも、リハビリ施設に入ったこともなかった。

この本は、2003年4月に「ノンフィクション」の自伝小説として出版された。この本は通販サイトAmazon.comのレビューの書き手が選ぶ2003年度の本に選ばれた。

2004年には「マイ・フレンド・レナード」(原題「My Friend Leonard」)の執筆を開始し、この本は2005年6月に出版した。この本もまたAmazon.comで高く評価され、2005年度の本の中で5位にランクされた。

2005年9月に放送された「オプラ・ウィンフリー・ショー」において、オプラズ・ブック・クラブという本を紹介する企画の中で、オプラ・ウィンフリーから紹介された。オプラ・ウィンフリー・ショーはアメリカでは極めて知名度が高い番組であり、この番組で紹介された本の多くはベストセラーになっている。

2006年1月8日にThe Smoking Gunというサイトにおいて、「A Million Little Lies: Exposing James Frey's Fiction Addiction」という記事が投稿され、「ア・ミリオン・リトル・ピーシーズ」の内容が、警察などの記録と大きく違うと報道された。

同年1月26に、本を紹介したオプラ・ウィンフリーに彼女の番組に招かれ、事実を問いただされた。こうした説明に対し、事実を多少変更して書いたことは認めた。

2007年に「ブライト・シャイニー・モーニング」(原題「Bright Shiny Morning」)の執筆を開始し、この本は2008年5月に出版された。

作品[編集]

著作[編集]

原題 原典出版年 原典出版社
A Million Little Pieces 2003年4月15日 ダブルデイ
My Friend Leonard 2005年6月16日 Riverhead Books
Bright Shiny Morning 2008年5月13日 ハーパーコリンズ

脚本[編集]

作品名 放映年
Sugar: The Fall of the West[1] 1998年
Kissing a Fool 1998年2月27日

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 監督も務めた

外部リンク[編集]