ジェームズ・ヒンチクリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ヒンチクリフ
James Hinchcliffe
2011年のインディ500で
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
生年月日 1986年12月5日(27歳)
出身地 オンタリオ州オークビル
2014年IZOD インディカー・シリーズ
所属 アンドレッティ・オートスポーツ
車番 27
出走回数 16
優勝回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
過去参加シリーズ
2009-10
2006-2008
2006-07
2005
2004
ファイアストン・インディ・ライツ
アトランティック・チャンピオンシップ
A1グランプリ
スター・マツダ・シリーズ
フォーミュラ・BMW USA
受賞
2010
2011
グレッグ・ムーア レガシー・アウォード
インディカー ルーキー・オブ・ザ・イヤー
トニー・レナ ライジングスター・アウォード

ジェームズ・ヒンチクリフ (James Hinchcliffe, 1986年12月5日 - ) は、カナダのレーシングドライバー。2011年よりインディカー・シリーズに参戦している。

経歴[編集]

初期[編集]

ゴーカートレースの後、ヒンチクリフは2003年にオープンホイールに参戦、ブリヂストンレーシングアカデミーF2000シリーズで3位となる。翌年はフォーミュラ・BMW USAに参戦、3勝を挙げた。2005年はスター・マツダ・シリーズに参戦、3勝を挙げてランキング3位となる。2006年、アトランティック・チャンピオンシップにステップアップ、フォーサイス・レーシングに加わる。ポートランドで優勝し他に表彰台に2度上るが、シーズンランキングは10位であった。

A1グランプリ[編集]

その後A1チーム・カナダに加わりA1グランプリに参戦、ザントフォールトのスプリントレースで8位、メインレースで13位となり、チェコではスプリントレースで2位に入賞したが、メインレースでは周回の大半をトップで走行したものの、アレックス・ユーンと接触し5位となった。続く北京ではスプリントで4位、メインでは優勝の可能性があったもののピット戦略の誤りで10位に終わった。2戦を欠場しニュージーランドではスプリント、メイン共に6位であった。

その後は再びシエラ・シエラ・エンタープライゼズからチャンプカー・アトランティックに参戦、優勝は無かったもののシーズンを4位で終えた。このシーズン中、彼はチャンプカー・ワールド・シリーズのテレビ中継でコメンテーターを務めた。2008年はフォーサイス・レーシングに戻り第2戦のラグナ・セカで優勝、再びランキング4位となる。

インディ・ライツ[編集]

2009年インディ・ライツに参戦、サム・シュミット・モータースポーツに加わる。シーズンではポールポジションも優勝も無かったがランキング5位となった。2010年チーム・ムーア・レーシングと契約する。ヒンチクリフは3勝を挙げそのほか5度の表彰台を得、フランス人ルーキーでサム・シュミットのジャン=カール・ヴェルネイに次ぐランキング2位となった。

彼はまた2010年のインディ500では、インディアナポリス・モータースピードウェイ・ラジオネットワークのレギュラードライバーアナリストのディヴィー・ハミルトンがレースに出場したためその代役としてドライバーアナリストを務めた。

インディカー・シリーズ[編集]

2012年のインディ500、予選後のヒンチクリフ

2011年4月、ヒンチクリフはニューマン・ハース・レーシングと契約し、インディジャパンを除く2011年のインディカー・シリーズに参戦することが発表された。第2戦のバーバー・モータースポーツ・パークでデビューを果たしたが、スピンしたE.J.ヴィソと接触、完走することはできなかった。続くロングビーチでは4位に入賞し、第4戦のサンパウロでは9位に入賞した。

初めての出場となった2011年のインディ500では13位からスタート、序盤から上位を走行したが、101ラップ目にクラッシュし、29位でレースを終えた。

インディ500に続いて、テキサスでのファイアストン・ツイン275sに出場、しかしながら両レースとも苦戦、20位および19位という結果であった。続くミルウォーキー・マイルでは6位に入賞する[1]。シーズンのその後はコンスタントに完走し、パンサー・レーシングJ.R.ヒルデブランドを押さえてルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。しかしながら、シーズン終了後ニューマン・ハースはヒンチクリフとの契約を更新しないと発表した。その後、チーム自身も参戦から撤退した。

2012年、ダニカ・パトリックNASCARに本格転向、さらに彼女に代わり契約していたダン・ウェルドンが事故死したため、ヒンチクリフがゴーダディの27番車をドライブすることとなった。これは同じカナダ人ドライバーのジル・ヴィルヌーヴジャック・ヴィルヌーヴと同じ車番であった[2]。この年は開幕戦でレース前に長髪のカツラを被って昨年まで同じデザインのスーツに身を包んでいたダニカに扮するドッキリを仕掛けたり(2週間前のメディアデーでファンや記者から「ヘイ、ダニカ」とからかわれたことへの復讐という)[3]、後述の公式動画への出演などレース以外でもファンの注目を浴びている。

2013年、開幕戦セントピーターズバーグで初勝利。

その他[編集]

  • 2012年からインディカー・シリーズに導入されたシャシーの名称「DW12」は、ヒンチクリフが提案したものである。
  • 「INSIDE INDYCAR with James Hinchcliffe」というIndyCarの公式動画に出演している。

記録[編集]

A1グランプリ[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 DC ポイント
2006-07 カナダ NED
SPR

8
NED
FEA

13
CZE
SPR

2
CZE
FEA

5
CHN
SPR

4
CHN
FEA

10
MYS
SPR
MYS
FEA
IDN
SPR
IDN
FEA
NZL
SPR

6
NZL
FEA

6
AUS
SPR

13
AUS
FEA

Ret
RSA
SPR

13
RSA
FEA

Ret
MEX
SPR

13
MEX
FEA

15
CHN
SPR
CHN
FEA
GBR
SPR
GBR
FEA
11位 33
2007-08 NED
SPR

19
NED
FEA

18
CZE
SPR

12
CZE
FEA

11
MYS
SPR

MYS
FEA

ZHU
SPR

ZHU
FEA

NZL
SPR

NZL
FEA

AUS
SPR

AUS
FEA

RSA
SPR

RSA
FEA

MEX
SPR

MEX
FEA

SHA
SPR

SHA
FEA

GBR
SPR

15
GBR
FEA

17
9位 75

アメリカン・オープンホイール[編集]

(key)

アトランティック・チャンピオンシップ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2006 フォーサイス・レーシング LBH
3
HOU
4
MTY
16
POR
1
CLE1
17
CLE2
19
TOR
6
EDM
Ret
SJO
Ret
DEN
7
MTL
3
ROA
Ret
10位 160
2007 シエラ・シエラ・エンタープライゼズ LVG
4
LBH
7
HOU
3
POR1
2
POR2
2
CLE
6
MTT
3
TOR
Ret
EDM1
3
EDM2
9
SJO
Ret
ROA
14
4位 224
2008 フォーサイス・レーシング LBH
10
LS
1
MTT
4
EDM1
3
EDM2
3
ROA1
5
ROA2
8
TRR
Ret
NJ
16
UTA
10
ATL
3
4位 196

インディ・ライツ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 順位 ポイント
2009 サム・シュミット・モータースポーツ STP1
6
STP2
3
LBH
3
KAN
12
INDY
16
MIL
7
IOW
3
WGL
21
TOR
3
EDM
4
KTY
7
MDO
2
SNM
6
CHI
12
HMS
14
5位 395
2010 チーム・ムーア・レーシング STP
15
ALA
5
LBH
1
INDY
3
IOW
5
WGL
2
TOR
10
EDM
1
MDO
7
SNM
3
CHI
1
KTY
2
HMS
2
2位 471

インディカー[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
2011 ニューマン・ハース・レーシング ダラーラ ホンダ STP
ALA
24
LBH
4
SAO
9
INDY
29
TXS1
20
TXS2
19
MIL
6
IOW
9
TOR
14
EDM
15
MDO
20
NHM
4
SNM
7
BAL
24
MOT
15
KTY
4
LVS
C
12位 302
2012 アンドレッティ・オートスポーツ ダラーラ・DW12 シボレー STP
4
ALA
6
LBH
3
SAO
6
INDY
6
DET
21
TXS
4
MIL
3
IOW
17
TOR
22
EDM
12
MDO
5
SNM
26
BAL
15
FON
13
8位 358
2013 STP
1
ALA
26
LBH
26
SAO
1
INDY
21
DET
15
DET
19
TXS
9
MIL
5
IOW
1
POC
24
TOR
8
TOR
21
MDO
10
SNM
8
BAL
7
HOU
24
HOU
3
FON
4
8位 449
2014 ホンダ STP
19
LBH
21
ALA
7
IMS
20
INDY
28
DET
6
DET
5
TXS
14
HOU
5
HOU
14
POC
12
IOW
6
TOR
8
TOR
18
MDO
MIL
SNM
FON
12位 330
チーム 出走数 ポールポジション 勝利数 表彰台
(勝利以外)**
トップ10
(表彰台以外)***
インディ500勝利数 チャンピオン獲得数
3 2 60 0 3 3 24 0 0
** 表彰台(勝利以外):2位または3位
*** トップ10
(表彰台以外):4位から10位まで

インディ500[編集]

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
2011 ダラーラ ホンダ 13 29 ニューマン・ハース・レーシング
2012 ダラーラ シボレー 2 6 アンドレッティ・オートスポーツ

参照[編集]

  1. ^ Gerhart, Brad. Rough Start for Hinchcliffe in First IndyCar Event, Paddock Talk, April 11, 2011, Retrieved 2011-04-12
  2. ^ http://auto-racing.speedtv.com/article/indycar-hinchcliffe-confirmed-at-andretti-autosport
  3. ^ ニセダニカ - こちらGAORA INDYCAR実況室

外部リンク[編集]