ジェームズ・ゲイキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ゲイキー
人物情報
生誕 1839年8月23日
スコットランドの旗 スコットランド エディンバラ
死没 1915年3月1日(満75歳没)
出身校 エディンバラ大学
学問
研究分野 地質学
研究機関 英国地質調査所エディンバラ大学
主な受賞歴 マーチソン・メダル(1889年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジェームズ・ゲイキー(James Geikie、1839年8月23日 - 1915年3月1日)はスコットランド地質学者である。アーチボルド・ゲイキー (Archibald Geikie) の弟である。

エディンバラに生まれた。エディンバラ大学で学んだ後、1862年から1882年の間、英国地質調査所で働き、1882年に兄の後を継いで、エディンバラ大学の地質学鉱物学マーチソン教授職 (Murchison professor) についた。地形の形成の起源と氷河による侵食について研究した。これらの研究の成果は著書 The Great Ice Age and its Relation to the Antiquity of Man(1874年)で発表された。1889年にロンドン地質学会からマーチソン・メダルを受賞した。

地質学以外の分野では、1887年にハイネドイツ詩人を英語に訳して出版した。

著書[編集]

  • "The Great Ice Age and its Relation to the Antiquity of Man" (1874年)
  • "Prehistoric Europe" (1881年)
  • "Fragments of Earth Lore: Sketches and Addresses, Geological and Geographical" (1893年)
  • "Earth Sculpture" (1898年)
  • "Outlines of Geology" (1886年)

関連項目[編集]