ジェームズ・クレイグ・ワトソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェームズ・クレイグ・ワトソン(James Craig Watson、1838年1月28日 - 1880年11月22日)はカナダオンタリオ州に生まれ、カナダとアメリカで活躍した天文学者

彼の家族は1850年にミシガン州アナーバーに引っ越した。

15歳のときミシガン大学に合格。古代言語を専攻した。また、フランツ・ブリュヌーンに天文学の講義を受ける。

この後、彼はフランツ・ブリュヌーンに代わりデトロイト天文台の第二代所長となった。1868年には『天文理論』という本も書いている。

彼は79番小惑星エウリノメをはじめとして22の小惑星を発見している。そのうち一つは瑞華であり、北京で発見した。命名は中国当局の発案である。

彼は水星より太陽の近くを廻る惑星「バルカン惑星」の存在を信じていたが、今ではそのような天体がないことが知られている。 彼は1878年7月ワイオミング州で日食の際に二つのバルカン惑星を観測できたと信じていた。

彼は腹膜炎のため、42歳の若さで逝去した。 彼は天文学以外の分野で非常に儲け、その財産でジェームズ・クレイグ・ワトソン・メダルを設立し、三年ごとに天文学者に全米科学アカデミーで賞与されるように寄付している。

なお、小惑星(829)のワトソニアは彼の名前にちなんで名づけられた。