ジェームズ・カトラー・ダン・パーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・カトラー・ダン・パーカー
James Cutler Dunn Parker
基本情報
出生 1828年6月2日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボストン
死没 1916年11月7日(満88歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ブルックライン
ジャンル クラシック
職業 オルガニスト、教育者、ピアニスト

ジェームズ・カトラー・ダン・パーカーJames Cutler Dunn Parker 1828年6月2日 - 1916年11月7日)は、アメリカ合衆国オルガニスト、教育者、作曲家

生涯[編集]

パーカーはマサチューセッツ州ボストンで、出版・販売業を営むサミュエル・ヘイル・パーカー英語版の息子として生まれた。1848年ハーバード大学を卒業[1]、続いてハーバード・ロー・スクールを修了後、彼はライプツィヒ音楽院へと入学した。音楽院ではイグナーツ・モシェレスルイ・プレディピアノを、ユリウス・リーツエルンスト・リヒターに作曲を、モーリッツ・ハウプトマン音楽理論和声学を師事した[1]

1854年にボストンへ帰郷したパーカーは、個人レッスンの受け付けを始め、これは生涯にわたって続けることになった。1862年に何人かの教え子がパーカー・クラブを立ち上げ、器楽や合唱の演奏会を催した[2]。彼は1859年アンドーヴァー英語版のマリア・デービー(Maria Derby)と結婚し、1人の子どもを授かった[1]1864年から1891年にはボストンのトリニティ教会でオルガニストを務めており、これはフィリップス・ブルックス英語版が牧師を務めていた時期とほぼ完全に一致する[1]。パーカーの祖父のサミュエル(Samuel)もこの教会の牧師であった。

パーカーはヘンデル・ハイドン協会英語版の演奏会でのオルガン演奏も行った。1871年から1897年にはニューイングランド音楽院で教鞭を執った。1897年以降は音楽院の試験官を務めた[1]。マサチューセッツ州のブルックラインで没した。

パーカーは賛美歌カンタータオラトリオ教会音楽、ピアノ曲を作曲した。また、彼は教育用に2巻の作品集を遺している。1855年から1870年には和声を主題に仕事を行っており、リヒターの「和声学の手引き Harmonielehre」を1873年に英訳している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Donald Christensen (1999). "Parker, J. C. D.". American National Biography. New York: Oxford University Press.
  2. ^ Frederick W. Coburn (1934). "Parker, James Cutler Dunn". Dictionary of American Biography. New York: Charles Scribner's Sons.

外部リンク[編集]