ジェームズ・アール・カーター・シニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
James Earl Carter, Sr.
生誕 ジョージア州アーリントン
死没 ジョージア州プレーンズ
配偶者 リリアン・ゴーディ・カーター (1923年9月27日結婚)
子供 ジミー・カーターグロリア・カーター・スパンルース・カーター・ステイプルトンビリー・カーター
ウィリアム・アーチボルド・カーターとニーナ・プラット

ジェームズ・アール・カーター・シニア (James Earl Carter, Sr.、1894年9月12日 - 1953年7月23日)はアメリカの農家、政治家。元アメリカ合衆国大統領ジミー・カーターの父。

略歴[編集]

リバーサイド陸軍士官学校を卒業し、第一次世界大戦ではアメリカ陸軍需品科中尉を務めた。復員後、プレーンズ中心街で食料品店を開き、58歳で膵癌で死亡した。なお、妻及び4人の子供のうち3人も膵癌で死亡している。[1]

政治[編集]

ジョージア州下院議員を死ぬまで務めた。[2][3]

参考文献[編集]