ジェントルメン (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェントルメン
英字表記 Gentlemen
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1992年
Robin des Bois
Elegant Glance
母の父 Loose Cannon
生国 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生産 Haras de la Pomme
馬主 Randall Dee Hubbard
調教師 Richard Mandella(アメリカ
競走成績
生涯成績 24戦13勝
獲得賞金 3,608,558ドル
(アメリカドル換算)
テンプレートを表示

ジェントルメン (Gentlemen) は、アルゼンチンで生産されたサラブレッド競走馬、および種牡馬である。1995年のアルゼンチン最優秀3歳牡馬。1995年にアルゼンチンで二冠を達成、その後アメリカ合衆国に移籍して大競走で勝ち星を挙げ、G1競走を計6勝した。

経歴[編集]

アルゼンチン時代[編集]

両親ともにアメリカ産であるが、父はフランスで競走生活を送ったのちにアルゼンチンで種牡馬入りした馬、母もまたアルゼンチンに輸出された馬であった。

当初はアルゼンチンで競走生活を送った。競走馬としてのデビューは3歳の6月という非常に遅い時期であったものの、2戦目で初勝利を挙げると翌戦2000ギニー大賞で優勝、3戦目にしてG1馬の称号を手にした。

続いてクラシック戦線に挑み、第1冠目ポージャ・デ・ポトリロス(亜2000ギニー)で優勝、ジョッキークラブ大賞こそ4着に敗れたが、最後のナシオナル大賞(亜ダービー)も制して二冠馬となった。

アメリカ時代[編集]

1996年にアメリカに移籍、カリフォルニア州のリチャード・マンデラ調教師のもとで再度のデビューとなった。ここでも2戦目にして初勝利を手にし、初のアメリカ重賞挑戦となったベイメドウズハンデキャップでは鞍上コーリー・ナカタニの指示のもと早めに抜け出して優勝、6馬身差の圧勝を見せ付けた。

続くサイテーションハンデキャップでも勝ち、その翌戦ネイティヴダイヴァーハンデキャップではゲイリー・スティーヴンス騎乗のもとで、ハリウッドパーク競馬場ダート9ハロン(約1811メートル)のトラックレコードを叩きだして優勝した。

5歳シーズンはサンアントニオハンデキャップから始動、アルファベットスープの追い上げを抑えて逃げ切り、その年の初勝利を飾った。しかし次走に迎えた大一番サンタアニタハンデキャップでは、同じ厩舎のサイフォン、およびサンドピットに先着されて3着に終わった。

5月、ジェントルメンは東海岸ピムリコ競馬場へと遠征、ピムリコスペシャルハンデキャップに出走した。ここでは前年のエクリプス賞最優秀3歳牡馬スキップアウェイが出走していたが、ジェントルメンは3ポンド(約1.4キログラム)のハンデキャップ差があるにもかかわらず単勝2.8倍の1番人気に支持された。レースにおいても最初から最後まで先頭を譲らず、最後は追い上げられるも半馬身差で逃げ切って優勝した。

6月にはカリフォルニアに戻ってハリウッドゴールドカップに出走した。ここでは僚馬サイフォンと最後のコーナーまで併走し、最後の直線で大きく突き放して4馬身差の優勝を飾った。続くパシフィッククラシックステークスでもまったく同じ展開で勝ち、G1競走3連勝を決めた。その年はウッドバイン競馬場ウッドバインマイルで5着に終わったのを最後に休養に入った。

最後の年になった6歳シーズンの1998年は、年初のサンアントニオハンデキャップこそ3番手から抜け出して6馬身差の圧勝を見せたものの、次走サンタアニタハンデキャップでは最下位の4着に終わり、ほかの競走でも勝ち星に恵まれなくなった。夏にはジョッキークラブゴールドカップなどで、一度破ったスキップアウェイに2度敗れている。

引退後[編集]

その年の末にブリーダーズカップ・クラシックに出走(競走中止)したのを最後に引退した。引退後は1999年よりケンタッキー州レキシントンのウォルマックファームに繋養され、2007年よりカリフォルニア州のエリートステーブルズに移された。2008年より種付け料が破格の1500ドルに設定されたため、種付け依頼が急増した。

評価[編集]

  • 1995年 - アルゼンチン最優秀3歳牡馬

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
1995.06.10 サンイシドロ 未勝利 芝1600 2着 J.バルディビエソ 1馬身 Tusyn
1995.06.26 サンイシドロ 未勝利 芝1600 1着 J.バルディビエソ 9馬身 (Potritio)
1995.08.05 サンイシドロ 亜2000ギニー G1 芝1600 1着 J.ヘレラ アタマ (Espirro)
1995.09.09 パレルモ ポージャ・デ・ポトリロス G1 D1600 1着 J.ヘレラ 2馬身1/2 (Munecote)
1995.10.07 サンイシドロ 亜ジョッキークラブ大賞 G1 芝2000 4着 J.ヘレラ 5馬身 Espirro
1995.11.04 パレルモ 亜ダービー G1 D2500 1着 J.ヘレラ 1馬身1/2 (Flirteando)
1996.06.19 ハリウッドパーク 一般競走 D8.5f 6着 C.ナカタニ 10馬身 Dramatic Gold
1996.07.27 デルマー 一般競走 芝8.5f 1着 C.ナカタニ 1馬身1/4 (Dernier Empereur)
1996.09.28 ベイメドウズ ベイメドウズH G3 芝9f 1着 C.ナカタニ 6馬身 (Party Season)
1996.11.03 ハリウッドパーク サイテーションH G2 芝9f 1着 G.スティーヴンス 2馬身1/2 (Smooth Runner)
1996.12.22 ハリウッドパーク ネイティヴダイヴァーH G3 D9f 1着 G.スティーヴンス 9馬身 (Dramatic Gold)
1997.02.02 サンタアニタ サンアントニオH G2 D9f 1着 G.スティーヴンス 3/4馬身 Alphabet Soup
1997.03.02 サンタアニタ サンタアニタH G1 D10f 3着 G.スティーヴンス 3馬身 Siphon
1997.05.01 ピムリコ ピムリコスペシャルH G1 D9.5f 1着 G.スティーヴンス 1/2馬身 Skip Away
1997.06.29 ハリウッドパーク ハリウッド金杯 G1 D10f 1着 G.スティーヴンス 4馬身 (Siphon)
1997.08.09 デルマー パシフィッククラシックS G1 D10f 1着 G.スティーヴンス 2馬身3/4 (Siphon)
1997.09.02 ウッドバイン ウッドバインマイル G2 芝8f 5着 G.スティーヴンス 3馬身 Geri
1998.02.07 サンタアニタ サンアントニオH G2 D9f 1着 G.スティーヴンス 6馬身 (Da Bull)
1998.03.07 サンタアニタ サンタアニタH G1 D10f 4着 P.デイ 7馬身3/4 Malek
1998.06.28 ハリウッドパーク ハリウッド金杯 G1 D10f 3着 G.スティーヴンス 2馬身3/4 Skip Away
1998.08.15 デルマー パシフィッククラシックS G1 D10f 2着 C.ナカタニ 4馬身 Free House
1998.09.19 ベルモントパーク ウッドワードS G1 D9f 2着 C.ナカタニ 1馬身3/4 Skip Away
1998.10.01 ベルモントパーク ジョッキークラブ金杯 G1 D10f 2着 C.ナカタニ 5馬身1/2 Wagon Limit
1998.11.07 チャーチルダウンズ BCクラシック G1 D10f 中止 C.ナカタニ - Awesome Again

血統表[編集]

ジェントルメン血統ヌレイエフ系 / Northern Dancer 3x4=18.75%、 Graustark 4x4=12.50%)

Robin des Bois
1987 鹿毛 アメリカ
Nureyev
1977 鹿毛 アメリカ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Special Forli
Thong
Rare Mint
1978 栗毛 アメリカ
Key to the Mint Graustark
Key Bridge
Another Treat Cornish Prince
Rare Treat

Elegant Glance
1986 栗毛 アメリカ
Loose Cannon
1980 栗毛 アメリカ
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Java Moon Graustark
Golden Trail
Hidden Glance
1976 栗毛 アメリカ
Gentle Smoke Gentle Art
Smoke Veil
Mesmerize Francis S.
Any Port F-No.7-a

外部リンク[編集]