ジェローム・E・コッジャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェローム・ユジェーヌ・コッジャ (Jérôme Eugène Coggia、1849年2月18日 - 1919年1月15日)は19世紀のフランスの天文学者。

コルシカ島に生まれる。バンジャマン・ワルツ(w:Benjamin Valz)とともにマルセイユ天文台で観測を行い、多くの彗星を発見した。発見した彗星にはコッジャ彗星C/1874 H1周期彗星27P/クロンメリン彗星 が含まれている。

発見した小惑星、5個
(96)アエグレ 1868年2月17日
(187)ランベルタ 1878年4月11日
(193) アムブロシア 1879年2月28日
(217) エウドラ 1880年8月30日
(444) ギプティス 1899年3月31日