ジェレミ・ロワイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェレミ・ロワイ
Jérémy Roy
Cycling (road) pictogram.svg
Jeremy Roy 3.jpg
個人情報
本名 Jérémy Roy
ジェレミ・ロワイ[1][2]
(ジェレミー・ロワイ)
生年月日 1983年6月22日(30歳)
国籍 フランスの旗 フランス
身長 186cm
体重 68kg
チーム情報
所属 FDJ・ビッグマット
分野 ロードレース
役割 選手
プロ所属チーム
2003–
FDジュー.com
最終更新日
2012年1月28日

ジェレミ・ロワイ または、ジェレミー・ロワイ(Jérémy Roy、1983年6月22日 - )は、フランストゥール出身の自転車競技ロードレース)選手。日本の自転車競技関連マスコミでは、ジェレミー・ロワと表記されることが多い。

果敢なアタックが特徴で、逃げを得意としている。

ツール・ド・フランス2011では多くのステージで小集団の逃げグループに乗り、終盤まで疲労を感じさせない走りを見せた。所属するFDJ・ビッグマットではサンディ・カザールがエースゼッケンを付けていたが、総合優勝を狙う選手が居らずステージ優勝狙いの為、アシストとして酷使される事が無く比較的自由に走れた事が一因として挙げられる。

中継では連日の逃げにより、総合優勝狙いの有力候補以外で名前が呼ばれる事も多く、最も多くの距離を逃げた選手に与えられる「総合敢闘賞(スーパー敢闘賞)」を獲得した。

ツール・ド・フランス2011の約1ヶ月後、シマノ鈴鹿ロードレースに出場の為来日し、メインイベントの国際ロードレースでは持ち前の果敢なアタックを見せて逃げグループを形成する。スプリントでは惜しくも畑中勇介盛一大に続いて3位に入りプロツアーチームの意地を見せた。

来歴[編集]

2003年、FDジュー.com(現 FDJ・ビッグマット)と契約を結ぶ。

2005年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

脚注[編集]

  1. ^ fr:Prononciation du français#Prononciation des graphèmesによると、oy部分については、/wai/もしくは/waj/としているので、それに倣った。
  2. ^ 例えば、『royal』は /ʁwajal/と読み、日本では通例、「ロワイアル」とカナ表記する。参考までに、『roi』であればロワ。

参考文献[編集]