ジェリー・ライアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェリー・ライアン
Jeri Ryan
ジェリー・ライアンJeri Ryan
2012年撮影
本名 Jeri Lynn Zimmermann
生年月日 1968年2月22日(46歳)
出生地 ドイツの旗西ドイツミュンヘン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
配偶者 Jack Ryan (1991 – 1999)
Christophe Émé (2007 - )
家族 1男1女
主な作品
スタートレック:ヴォイジャー

ジェリー・ライアンJeri Lynn Ryan 本名:Jeri Lynn Zimmermann 1968年2月22日 - )は、アメリカ合衆国女優。代表作は『スタートレック:ヴォイジャー』における、元ボーグセブン・オブ・ナイン

人物[編集]

西ドイツ(当時)のミュンヘンに生まれた。父はアメリカ合衆国軍勤務、母はソーシャルワーカー[1]。また、マークという兄がいる。父親の勤務のため、カンザス州メリーランド州ハワイ州ジョージア州テキサス州の米軍基地を転々とした[2]。彼女が11歳の時父親が退役し、ケンタッキー州パデューカに移り住んだ。1986年に高校を卒業し、ノースウエスタン大学に入学。

1989年、ミス・イリノイに選ばれ、1990年には水着部門でミス・アメリカの3位に選ばれた。1990年に Bachelor of Arts degree in Theatreを取得して大学を卒業した。

経歴[編集]

大学卒業後、ロサンゼルスに移り住み、俳優としての腕を磨いた。w:Who's the Boss?でデビューを果たしたあと、『メルローズ・プレイス』、 Matlock,超感覚刑事ザ・センチネル』と言ったテレビ番組へのゲスト出演や Co-Ed Call Girlといったテレビ映画へ出演していった。

ダークスカイ』で宇宙からやってきた調査官ジュリエット・スチュアートを演じた。このドラマは1シーズンで打ち切られるが、彼女にとって大きなブレイクのきっかけとなった。さらにその後の1997年、『スタートレック:ヴォイジャー』において、元ボーグセブン・オブ・ナイン を演じることとなった。2001年に『スタートレック:ヴォイジャー』が終わった後、2004年まで『ボストン・パブリック』で、高校教師になるために弁護士をやめたいと思っているロニー・クックを演じた。プロデューサーのデビッド・E・ケリーは彼女のために具体的な脚本を書いていた。なお、同じプロデューサーが担当した『ボストン・リーガル』にもゲスト出演した。また、『SHARK カリスマ敏腕検察官』ではジェームズ・ウッズ演じるセバスチャン・スタークと反対のキャラクター、ジェシカ・デブリン地方検察官を演じたが、ストライキで打ち切りになって以降は出演していない。

近年は『恋は邪魔者』と言った映画へ出演してきた。インデペンデント映画 Men Cry Bullets やコメディ映画 The Last Manにも出演。

2005年秋には、テレビドラマ『The O.C.』でシャーロット・モーガンを演じた。

長女ジゼルの出産後、『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』の2009年4月7日放送分で被告側弁護人を演じた[3]

2009年7月から第2シーズンが放送されたTNTのテレビドラマ 『レバレッジ 〜詐欺師たちの流儀 』でタラと言う女詐欺師の役を演じた。

私生活[編集]

1991年、投資銀行に勤めるジャック・ライアン(w:Jack Ryan (politician)、後に政治家となる)と結婚。1994年に息子が生まれるが、1999年に離婚。ジャック・ライアンは2004年にイリノイ州の上院議員選挙に出馬するが、その際に2人の離婚調書が公開されてその内容がスキャンダルとなった(結果、ライアンは出馬を取りやめることを発表した。なお、この選挙で当選したのが、のちに第44代アメリカ合衆国大統領となるバラク・オバマだった。)[4]。2007年にフランス人シェフと再婚し[5]、2008年に娘が生まれた[6][7]

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1996 コールガール/甘い罠
Co-ed Call Girl
キンバリー テレビ映画
2000 キッド
Disney's The Kid
ドラキュリア
Wes Craven Presents: Dracula 2000
ヴァレリー・シャープ
2003 恋は邪魔者
Down With Love

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1996 Dr.マーク・スローン
Diagnosis Murder
メリッサ エピソードMurder by the Book
1997 ダークスカイ
Dark Skies
ジュリエット・スチュアート 8エピソード
1997-2001 スタートレック:ヴォイジャー
Star Trek: Voyager
セブン・オブ・ナイン 102話分出演
1998-1999 超感覚刑事ザ・センチネル
The Sentinel
アレクシス・バーンズ 2エピソード
2001-2004 ボストン・パブリック
Boston Public
ロニー・クック 57エピソード
2004-2011 チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ
Two and a Half Men
シェリ 3話分出演
2005 The O.C.
The O.C.
シャーロット・モーガン シーズン3のうち7話分出演
2006 ボストン・リーガル
Boston Legal
コートニー・リース 2話分出演
2006-2008 SHARK カリスマ敏腕検察官
Shark
ジェシカ・デヴリン 38話分出演
2009-2010 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
パトリス 3話分出演
2009-2011 レバレッジ 〜詐欺師たちの流儀
Leverage
タラ・コール 8話分出演
2010 サイク/名探偵はサイキック?
Psych
キンバリー・フェニックス エピソードThe Head, the Tail, the Whole Damn Episode
2011 LAW & ORDER:犯罪心理捜査班
Law & Order: Criminal Intent
ナオミ・ハローラン エピソードBoots on the Ground
2011-2012 ウェアハウス13 ~秘密の倉庫 事件ファイル
Warehouse 13
アマンダ 2話分出演
2011- ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言
Body of Proof
ケイト・マーフィ 33話分出演

コンピュータゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jeri Ryan Biography (1968-)
  2. ^ Star Trek Communicator magazine
  3. ^ William Keck. "Ryan's Law"; TV Guide; March 30, 2009; Page 18
  4. ^ “ジェリー・ライアンのセックス・スキャンダル”. シネマトゥデイ. (2004年6月29日). http://www.cinematoday.jp/page/N0004989 2012年12月7日閲覧。 
  5. ^ Actress Jeri Ryan Marries French Chef”. People (2007年6月18日). 2012年12月8日閲覧。
  6. ^ Wihlborg, Ulrica (2008年3月3日). “Jeri Ryan Welcomes a Girl”. People. 2012年12月8日閲覧。
  7. ^ “ジェリー・ライアンに女児誕生”. シネマトゥデイ. (2008年3月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0013088 2012年12月7日閲覧。 

外部リンク[編集]