ジェラール・ロンゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの旗 フランスの政治家
ジェラール・ロンゲ
Gérard Longuet
Gérard Longuet.jpg
ジェラール・ロンゲ(2010年2月6日撮影)
生年月日 1946年2月21日(68歳)
出生地 フランスの旗 フランスオー=ド=セーヌ県ヌイイ=シュル=セーヌ
前職 共和党総裁、産業相
所属政党 共和党(PR) → 国民運動連合(UMP)

内閣 第3次フランソワ・フィヨン内閣
任期 2011年2月27日 - 2012年5月15日
大統領 ニコラ・サルコジ
テンプレートを表示

ジェラール・ロンゲGérard Longuet1946年2月21日 - )は、フランス政治家パリ近郊のオー=ド=セーヌ県ヌイイ=シュル=セーヌ市出身。国民運動連合(UMP)所属の 上院元老院)議員[1]下院国民議会議員、閣内相、欧州議会議員を歴任している。

1990年から1995年までフランス民主連合を形成した中道右派政党共和党の総裁を務め、この間、1990年から1994年まで産業相を務めた[2]

建設会社からの政治献金をめぐり起訴されたが、2005年無罪判決を受けた[3]

2011年2月27日チュニジア旅行で便宜供与を受けたミシェル・アリヨ=マリー外務大臣が辞任。アラン・ジュペが国防大臣から外務大臣に横滑りし、ロンゲが国防大臣(国防・退役軍人相)に任命された。

脚注[編集]

  1. ^ Embattled Sarkozy facing new blow at hands of French voters”. The Independent (2010年3月13日). 2011年1月1日閲覧。
  2. ^ Balladur quickly appoints replacement for Longuet”. The Independent (1994年10月17日). 2011年1月1日閲覧。
  3. ^ IOC member Drut sentenced in corruption trial”. Associated Press (2005年10月26日). 2011年1月1日閲覧。
先代:
アラン・ジュペ
フランス国防・退役軍人相
2011 - 2012
次代:
ジャン=イヴ・ル・ドリアン
先代:
フランソワ・レオタール
共和党総裁
1990 - 1995
次代:
フランソワ・レオタール