ジェムチュク (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Zhemchug1906Vladivostok.jpg
竣工時の「ジェームチュク」
艦歴
発注 サンクトペテルブルクネフスキー造船所
起工 1902年6月1日
進水 1903年8月14日
就役 1904年8月29日
退役
その後 1914年10月28日に戦没
クラス名 イズルムード級防護巡洋艦
性能諸元
排水量 常備:3,380トン
満載:3,360トン
全長 112.0m
水線長 105.9m
全幅 12.8m
吃水 5.3m
機関 ヤーロー石炭専焼水管缶16基
+直立型三段膨張式三気筒レシプロ機関3基3軸推進
最大
出力
17,000hp
最大
速力
25.0ノット
航続
距離
20ノット/710海里
12ノット/2,099海里
燃料 石炭:-トン(満載)
乗員 330名
兵装 カネー 1892年型 12cm(45口径)単装速射砲8基
オチキス 4.7cm(23口径)単装機砲6基
オチキス 3.7cm(23口径)五連装ガトリング砲2基
45.7cm単装魚雷発射管3門
装甲 甲板:30mm(平坦部)、51mm(傾斜部)
主砲防盾:25mm(最厚部)
司令塔:45mm(最厚部)

ジェムチュク (ロシア語: Жемчуг) はロシア海軍防護巡洋艦でイズムルート級の1隻。艦名の意味は真珠

艦歴[編集]

1904年にタリン港で撮られたジェムチュク。

ジェムチュクは、日本海軍により満州や朝鮮におけるロシアの支配に対してもたらされる脅威の増大に対抗するため、旅順およびウラジオストクを拠点とする太平洋艦隊の増強計画の一部として発注された。サンクトペテルブルクのネフスキー造船所で1902年6月1日にGrand Duke Alexei Alexandrovichの出席の元起工。しかし、巡洋艦ノヴィークの建造が優先されたためジェムチュクの建造は遅れた。

1903年8月14日、皇帝ニコライ2世の出席の元で進水。11月に起きた洪水や12月の吹雪などにより建造の遅れは続いたが、1904年に日露戦争が始まると建造は大幅に加速された。1904年7月26日に投錨のテストが完了し、8月5日には速度試験が実施された。ジェムチュクは1904年8月29日に就役し、太平洋艦隊の第2太平洋艦隊に配属された。1904年9月27日、ニコライ2世の出席するレバル沖での艦観式に参加。その翌日、極東に向け出発した。

日露戦争[編集]

日本海海戦でのジェムチュクの被害の様子。1905年6月、マニラ湾で撮影。

ジノヴィー・ロジェストヴェンスキーが指揮し、ジェムチュクも属する第2太平洋艦隊は日本軍の包囲下にある旅順の救援を意図していた。途中のタンジールでジェムチュクは本体と別れ、スエズ運河を通過してマダガスカルで再び合流した。インド洋通過中ジェムチュクは主力艦隊の斥候として働き、しばしば分派された。航海中の艦内の状況は最悪であった。航海のため過積載された石炭は乗員の部屋にも積まれ、また乗員は不慣れな熱帯の暑さに苦しんだ。食事や衛生状態も悪く、機械は頻繁に故障した。マダガスカル沖で一人の乗組員があばれ、射殺された。

1905年27、28日、ジェムチュクはエンクウィスト提督の巡洋艦隊の一員として日本海海戦に参加した。ジェムチュクは日本艦隊に対して最初に発砲した艦の1隻である。ジェムチュクは戦闘で17発被弾し大きな損害を受けた。乗員12名が戦死し、32名が重傷を負った。何とか逃走に成功したジェムチュクは巡洋艦アヴローラオレークとともに5月21日に中立港のマニラに着き、5月25日から戦争終結まで抑留された。

ジェムチュクは1905年10月に修理され現役に復帰した。

シベリア小艦隊で[編集]

1905年のロシア第一革命ではジェムチュク乗員も反乱をおこし、ウラジオストクの暴動に加わった。動揺が抑えられると乗員は逮捕され軍法会議にかけられた。

1905年から1910年までジェムチュクはウラジオストクを母港としていたが、修理が十分ではなく短期間の哨戒や時々行う朝鮮、日本、中国への航海しかできなかった。1910年の大半は整備に費やされ、1911年にはシベリア小艦隊の旗艦になった。1912年には予備役となり、1913年から1914年まで上海の外国人居留地や長江でロシア国民や経済権益を守る警備艦となった。1914年5月、ジェムチュクはウラジオストクに戻りI A Cherkassovが艦長となった。

第一次世界大戦[編集]

1913年に上海で撮られた「ジェムチュク」。

第一次世界大戦が始まるとジェムチュクは、ドイツ東洋艦隊追跡にあたる連合国(イギリス・フランス・日本)統合任務部隊の一員となり、ベンガル湾で日本の防護巡洋艦「筑摩」と共に活動した。1914年10月28日、ペナンに停泊していたジェムチュクはドイツ帝国海軍の防護巡洋艦「エムデン」からの攻撃を受けた。

撃沈されてマストのみ出した「ジェムチュク」。

この時、ジェムチュクは修理とボイラーの清掃のため10月26日にペナンに到着していた。連合軍の艦隊司令官Martyn Jerramの忠告に反し、Cherkassovは大半の乗員に上陸許可を与え、すべての魚雷の信管をはずし、甲板状に保管された12発をのぞき砲弾は全てしまいこまれた。Cherkassovは婦人の友人と共にジョージタウンのイースタン&オリエンタルホテルにいた。艦に残っていた乗員も見張りはせずパーティーを開いていた。エムデンはイギリス軍艦に儀装してペナンに現れ、それからドイツの軍艦旗を掲げてフランス駆逐艦「ムースケ(Mousquet)」を沈め、至近距離からジェムチュクに対して主砲と魚雷で攻撃した。魚雷は艦尾煙突付近に命中し、艦尾の砲を破壊した。ジェムチュク乗員は前部の砲で反撃を試みたが、港内の味方商船に当ててしまった。続いてエムデンからの2発目の魚雷が司令塔の側面部に命中し、ジェムチュクは分断された。爆発により乗員89名が死亡して143名が負傷し、ジェムチュクはすぐに沈没した。

ウラジオストクで開かれた軍法会議で、Cherkassovは重過失の罪で禁固3.5年となった。また副長Kulibinも禁固18ヶ月となった。刑期は皇帝により後に10ヶ月に減刑されたが、二人は階級や勲章、ロシア貴族としての地位を剥奪された。死者のうち82名はペナンに埋葬されたが、残りの7人の遺体は発見されなかった。

1914年12月に巡洋艦オレークによりジェムチュクの12cm速射砲が引き上げられた。

参考文献[編集]

  • Brook, Peter (2000). “Armoured Cruiser vs. Armoured Cruiser: Ulsan 14 August 1904”. In Preston, Antony. Warship 2000–2001. London: Conway Maritime Press. ISBN 0-85177-791-0. 
  • Robert Gardiner, ed (1979). Conway's All the World's Fighting Ships 1860–1905. Greenwhich: Conway Maritime Press. ISBN 0-8317-0302-4. 
  • Gardiner, Robert; Gray, Randal, eds (1984). Conway's All the World's Fighting Ships: 1906–1922. Annapolis: Naval Institute Press. ISBN 0-85177-245-5. 
  • McLaughlin, Stephen (1999). “From Ruirik to Ruirik: Russia's Armoured Cruisers”. In Preston, Antony. Warship 1999–2000. London: Conway Maritime Press. ISBN 0-85177-724-4. 
  • Watts, Anthony J. (1990). The Imperial Russian Navy. London: Arms and Armour. ISBN 0-85368-912-1. 

外部リンク[編集]

  • 'Jemchug' (1901)「ジェムチュク」のスペックがあるページ。
  • [1] 「ジェムチュク」の画像のあるページ。(ロシア語)
  • [2] 「ジェムチュク」のスペックがあるページ。(ロシア語)