キャッツ (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジェミマから転送)
移動: 案内検索

キャッツ』は、世界で興行的に最も成功したミュージカルのひとつ。原題は『CATS』。

マンカストラップ、ラム・タム・タガーといった個性的な猫たちが都会のごみ捨て場を舞台に、踊りと歌を繰り広げる。人間が一切出てこない型破りの演出と振付に、観客も最初は戸惑っていたがやがて大ヒットとなった。なお、ニューヨークでの連続上演回数は、2006年1月9日に『オペラ座の怪人』に抜かれるまでブロードウェイでのロングラン公演記録であった。その他、いくつかの国での公演もされている。

作品[編集]

オリジナル・スタッフ[編集]

受賞[編集]

1983年トニー賞において、以下の10部門にノミネート(うち、男優賞の二人ノミネート)。7部門で受賞。

  • 最優秀ミュージカル作品賞 受賞
  • 最優秀ミュージカル脚本賞 受賞
  • 最優秀ミュージカルオリジナルスコア賞(作詞作曲賞) 受賞(アンドリュー・ロイド=ウェバー、T.S.エリオット)
  • 最優秀ミュージカル男優賞
※マンカストラップ役のハリー・グローナー(Harry Groener)、アスパラガス役のステファン・ハナン(Stephen Hanan)がダブルでノミネートされた)
  • 最優秀ミュージカル女優賞 受賞(グリザベラ役のベティ・バックリー(Betty Buckley)に対して)
  • 最優秀ミュージカル美術デザイン賞
  • 最優秀ミュージカル衣装デザイン賞 受賞
  • 最優秀ミュージカル照明デザイン賞 受賞
  • 最優秀ミュージカル振付賞
  • 最優秀ミュージカル演出賞 受賞

概要[編集]

イギリスの文学者T・S・エリオットの詩集「キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法(The Old Possum's Book of Practical Cats)」に対しアンドリュー・ロイド=ウェバーが曲をつけた。 しかし、一部の曲は演出家トレヴァー・ナンらによって作詞されている。 代表曲「メモリー」はT・S・エリオットの未完の草稿を基に、トレヴァー・ナンが新しく書き下ろした歌詞である。

トレヴァー・ナンによる演出で、1981年5月11日ロンドンウエストエンドのニューロンドン劇場で初演された。ロンドンでの公演や日本の仮設劇場公演では、舞台全体が回転する回り舞台を使用し、開演にあたって裏返しになった舞台を180度回転する。

初演時には娼婦猫のグリザベラをジュディ・デンチが演じる予定であったが事故で出演できなくなったため、代役としてエビータの主役を務めたエレイン・ペイジが抜擢され、彼女の歌う「メモリー」が世界的なヒットソングとなった。

なお、各国毎や公演時期により演出が微妙に変化するため、登場する猫の数・種類や振付が異なる場合が多い。日本でも初期にあったランパスキャットのナンバーが削除されたり、1998年の福岡公演から振付が大幅に変更されたりしている。海賊猫グロールタイガーの場面とナンバーが追加されたのはアメリカ公演から。

登場する猫[編集]

英語表記アルファベット順で記載する。 全ての猫が登場するわけではなく、公演の演出によって異なる。 日本版(劇団四季版)で登場する猫は後述する。

アドメートス(Admetus、コーラス)
若いオス猫。各種公演版の多くで同じ役者がマキャヴィティを演じる。プラートーと取り換え可能な役であり、幾つかの公演版では登場しない。映像版ではランパスキャットを演じる猫。
アロンゾ(Alonzoバリトン
少しセクシーな黒と白のオス猫。アメリカ版とドイツ初演版では黒と金色。マンカストラップの右腕的存在と見なされている。多くの公演版でランパスキャットを演じる。
アスパラガス(Asparagus、バリトン)
劇場猫(the Theatrical Cat)ガス(Gus)。「ガス~劇場猫」のナンバーでは年寄り猫とグロールタイガー、それ以外では少し若い姿でコーラスに参加している。映像版ではガスとアスパラガスは別の猫(俳優も異なる)。各種公演版で、ガスを演じる役者がバストファー・ジョーンズを演じる。
ビル・ベイリー(Bill Bailey、コーラス)
黒と白とブラウンの若いオスの猫。タンブルブルータスと取替え可能な役として扱われる。幾つかの公演版では登場しない。
ボンバルリーナ(Bombalurinaメゾ=ソプラノ
セクシーな赤いメス猫。メス猫のリーダーである女王("Queen")猫であると見られることが多い。ディミータと親密。
バストファー・ジョーンズ(Bustopher Jones、バリトン)
25ポンド(約11.5kg)ある太っちょ猫。お洒落なタキシードを着て白いスパッツをはいている。上流階級街である「セント・ジェームズ街」に住む猫として、みんなに敬意を払われている。
カーバケッティ(Carbuckettyテノール
カーバケッティはT.S.エリオットの「ドタバタ芝居の猫(knockabout cat)」から取られている名前。パウンシバル(Pouncival)と取替え可能な役として扱われ、幾つかの公演版では登場しない。
カッサンドラ(Cassandraソプラノ
茶色とクリーム色のメス猫。毛が短く(レッグウォーマーなどを着用しない唯一の猫)、細い尾や小さな耳が特徴的な猫で、どこかミステリアスな雰囲気を持つ。
コリコパット(Coricopat、コーラス)
タントミールと二卵性双生児でオス猫。優れた直感力を持つ、あるいは超自然的な能力を持つ猫として登場する。幾つかの公演版では登場しない。
ディミータ(Demeter、アルト)
はねっ返りながら少し神経質な所もあるメス猫。欧米の"キャッツ"私設ファンクラブの多くは、ディミータの性格は彼女の過去(以前にマキャヴィティに襲撃された経験があるのかも知れない)が何らかの悪影響をもたらしているためと考えている。ボンバルリーナと親密。
エレクトラ(Electra、メゾ=ソプラノ)
オレンジと黒のブチの子猫。エトセトラ(Etcetera)と同じく、ラム・タム・タガーのファン。
エトセトラ(Etcetera、メゾ=ソプラノ)
楽しげで活発な性格の子猫。 ラム・タム・タガーの大ファン。幾つかの公演版では登場しない。
エグゾティカ(Exotica、コーラス)
映像版のみに登場するメス猫。フェミ・タイラー(en:Femi Taylor)のために特に作られた役(フェミ・タイラーはタントミールのオリジナル・キャスト)。
ジョージ(George、コーラス)
オスの子猫。幾つかの公演版では登場しない。
ギルバート(Gilbert、あるいはGhengisソプラニスタ
劇中劇"Growltiger's Last Stand"に登場する、サイアミーズ(シャム猫軍)のリーダー。グロールタイガー追討の指揮を執っている。通常、マンゴジェリー、タンブルブルータス、コリコパットを演じる役者が演じている。
グリザベラ(Grizabella、ソプラノ)
かつては魅力的な娼婦猫だったが今や美貌を失い、ただ受け入れられることのみを望んでいる猫。キャッツのテーマ曲でもあるメモリーを歌い上げる。
グリドルボーン(Griddleboneコントラルト
レディ・グリドルボーン(Lady Griddlebone)。劇中劇に登場するフワフワした白いペルシャ猫。グロールタイガーの愛人。"The Ballad of Billy McCaw"、あるいはイタリア語のアリア"In una tepida notte"をアレンジしたものをグロールタイガーと共に歌いあげる(何を歌うかは各公演版により異なる)。ほとんどの公演版でジェリーロラムと同じ女優により演じられる。
グロールタイガー(Growltiger、バリトン)
劇場猫ガスが若かりし頃に演じた役であり、劇中劇"Growltiger's Last Stand"でガスが演じる役。邪悪な海賊として、あるいは海賊を風刺するコミカルな役として演出される。一部の公演版では、ナンバー自体がカットされ登場しない。
ジェリーロラム(Jellylorum、ソプラノ)
クリーム色のメス猫。エリオットの作品に登場する猫の名前にちなんで名づけられている。ジェニエニドッツと共に子猫の面倒を見ている。ガスと親密。
ジェミマ(Jemima、メゾ=ソプラノ、もしくはソプラノ)
まだら模様の純粋な子猫。公演によってはグリザベラと共にメモリーを歌う場合がある。アメリカ公演版ではシラバブ(Sillabub)と名づけられたが、ジェミマの方が一般的(映像版もジェミマ)。オリジナル・キャストはサラ・ブライトマン
ジェニエニドッツ(Jennyanydots、メゾソプラノ)
おばさん猫。日がな一日座って過ごし、梃子でも動かない"Gumbie Cat"。夜は活動的になり、ネズミとゴキブリの教育に勤しむ。最初は白っぽいもこもこした衣裳を着込んでいるが、ナンバーの途中で明るいオレンジ色の姿になる。
マキャヴィティMacavity、歌唱パートなし)
劇中に登場する猫の中で唯一、本当の悪人。赤っぽいぼさぼさの長い毛並。警察を欺き、犬をも引き裂く犯罪王。シャーロック・ホームズモリアーティ教授をイメージした猫だとされる。第二幕でオールド・デュトロノミーを誘拐し、さらにディミータの誘拐も試みている。
ミストフェリーズ(Mistoffelees、テノール)
魔術師ミスター・ミストフェリーズ(The Magical Mr. Mistoffelees)。若いオスの黒猫。閃光を伴う爆発を生じさせたりする魔術を使う(映像版では手から稲妻を放出する)。ミストフェリーズの代名詞ともいえるダンスは、「魔法のターン("The Conjuring Turn")」とも呼ばれる、約25回の片足連続回転(フェッテ)である。ミストフェリーズのナンバーより前も、少し異なる衣裳で舞台にずっと登場している。ほとんどの公演版で、その姿の時はクァクソー(Quaxo)という名がついている。
マンゴジェリー(Mungojerrie、バリトン)
悪名高き泥棒猫コンビの片割れで、ランペルティーザの相棒。黒と茶、オレンジ系の縞模様があるオス猫。コミカルな表情やしぐさが目立ち、泥棒稼業を楽しんでいる様子。劇中劇でギルバートを演じる場合もある。
マンカストラップ(Munkustrap、テノール)
アメリカンショートヘアのような黒と銀の縞のあるオス猫。ジェリクルキャッツのリーダーにして守護者。"The Pekes and the Pollicles"でナレーターも勤める。ジェリクルキャッツの語り部と考えられており、舞台と観客を繋ぐ狂言回しのような役割も担う。
オールド・デュトロノミー(Old Deuteronomy、バリトン)
ジェリクルキャッツの愛すべき長老。長いふさふさした灰色の毛皮を持つ。長い時を生き続けており、看取った妻は99匹とも噂される。舞踏会の最後に、天上に昇る一匹のジェリクルを選ぶ。
プラートー(Plato、コーラス)
しばしばジョージやアドメートスと取替え可能な猫として扱われる。ジェリクル舞踏会でのヴィクトリアの相手役(pas de deux)。いくつかの公演版では登場しない。
パウンシバル(Pouncival、テノール)
いたずらなオスの子猫。カーバケッティと取替え可能な猫として位置づけられている。
ランペルティーザ(RumpelteazerあるいはRumpleteazer、アルト)
悪名高き泥棒猫コンビの片割れ。マンゴジェリーの相棒で、模様の色合いも似ている。エリオットが使用した綴りであるRumpelteazerと綴るのが一般的。
ラム・タム・タガー(Rum Tum Tugger、バリトン)
ザ・ラム・タム・タガー(The Rum Tum Tugger)。わがままで天邪鬼な性格だが、メス猫たちにとってはセクシーで魅力的な存在。誰の言うことも聞かないが、オールド・デュトロノミーやミストフェリーズには一目置いている様子で、彼らのナンバーも歌う。通常、ミック・ジャガーをイメージした猫として演出される。野生的なタテガミがある黒い衣裳が印象的。
ランパスキャット(Rumpus Cat、テノール)
大きなスパイク状の髪を持ち、燃えるような赤い目をしている。ランパスキャットのナンバー('The Awefull Battle of the Pekes and the Pollicles')で描かれるように、ジェリクルキャッツの内にあるヒーロー性を体現する勇敢な猫。公演版によってはナンバーそのものがカットされ登場しない。通常、アロンゾやアドメートスがランパスキャットを演じる。
スキンブルシャンクス(Skimbleshanks、バリトン)
鉄道猫("The railway cat")。活動的な黄土色と茶色の縞猫。ナンバー中はベストを身に着ける。夜行列車の非公式の車掌として活躍している。
タントミールTantomile、アルト)
魔女猫("Witch's Cat")。コリコパットと双子。双方ともに、優れた直感力を持つ、あるいは超自然的な能力を持つ猫として登場する。
タンブルブルータス(Tumblebrutus、バリトン)
ビル・ベイリーに対応する猫。ブロードウェイ版、映像版等に登場。
ヴィクター(Victor、バリトン)
若いオス猫。キャッツコーラス("Cats chorus")の一員。幾つかの公演版では登場しない。
ヴィクトリア(Victoria、コーラス)
白猫ヴィクトリア("Victoria The White Cat")。白い子猫。ダンスに優れた天賦の才を持っている。グリザベラには好意的なのか、寄り添おうとする場面がある。正式なジェリクル舞踏会はヴィクトリアのソロダンスで開始される。

日本での公演[編集]

日本では劇団四季によって1983年に東京都新宿の仮設劇場であるキャッツ・シアターで初演された。このキャッツ・シアターは日本初のミュージカル公演用の仮設劇場であった。振り付けは山田卓が手がける。

以降、順に大阪、東京、名古屋福岡札幌、大阪、東京、札幌、福岡、名古屋、大阪、静岡広島仙台、東京と全国で上演され続け、25年間で上演回数は7000回(2008年6月27日)を超え、観客動員数は750万人以上に達している。国内のミュージカル上演回数として最多記録を更新中である。また、2007年9月8日に同一公演地(東京・五反田/大崎)での公演回数1000回を突破。2009年11月からは横浜・みなとみらいで公演されることが発表された。2010年4月25日夜公演をもって、ブロードウェイ記録である7485回を抜き、7486回の公演を達成した。横浜公演は2012年11月に千秋楽を迎え、翌12月より2013年の3月にかけて再び広島で公演された。その後、東日本大震災前から予定されていて、ホールの被災により延期されていた仙台での公演が2013年4月から行われている。

登場する猫[編集]

劇団四季のキャッツに登場する猫は、海外公演版とは異なる設定がされていたり、まったくのオリジナルキャラクターである場合もある。また、設定が同じだが外見が異なる猫も多い。

雌猫[編集]

グリザベラ
ジェリーロラム=グリドルボーン
原版のジェリーロラムよりやや若い設定だが、シラバブの世話をするなど面倒見の良さは変わらない。ジェニエニドッツを紹介する3ガールズの1人。グリドルボーンはシャム猫軍と内通しているような演出がされている。
ジェニエニドッツ
ランペルティーザ
外見は原版と異なり黄色がかった毛並み。ジェニエニドッツのシーンではネズミのマスクを被っている。
ディミータ
原版のディミータとは異なりオレンジ色。気性が荒く、タントミールに威嚇する場面がある。
ボンバルリーナ
原版のボンバルリーナとは異なり、クリーム色の地に黒と赤の毛並。
シラバブ
海外のジェミマやシラバブと役割は似ているが、名前以外の設定は劇団四季オリジナル。生まれたばかりの子猫で純粋な性格。嫌われ者のグリザベラに手を差し伸べようとする優しさがあり、共にメモリーを歌う。
タントミール
原版のカッサンドラと似た外見。毛の短いミステリアスなメス猫。最初のオーバチュアーでライトを浴びている。ジェニエニドッツを紹介する3ガールズの1人。旧演出版は他の猫と同じような毛並みで特に目立ったシーンが無かった。
ジェミマ
名前以外は劇団四季オリジナル。白、黒、オレンジの三毛で、若くて勝気なメス猫。ジェニエニドッツを紹介する3ガールズの1人。グリザベラを嫌っている様子で嘲る歌を歌うが、最後は受け入れている。
ヴィクトリア
カッサンドラ
原版のタントミールと似た外見。小柄だが神秘的な大人のメス猫。ジェニエニドッツのシーンではネズミのマスクを被っている。

雄猫[編集]

オールドデュトロノミー
バストファージョーンズ
アスパラガス=グロールタイガー
マンカストラップ
ラム・タム・タガー
旧演出では白い衣装で、エルヴィス・プレスリーのイメージだった。現在の黒い衣装は原版と同じくミック・ジャガーがモチーフである。
ミストフェリーズ
原版に比べマジックの見せ場が多い。ナンバーで歌のパートがある点も異なる。
マンゴジェリー
原版とほぼ同じ設定だが、外見は赤みがかった毛並みである。劇中劇グロールタイガーのシーンでは原版のアロンゾに変わり、5人組であるクリューの一人になっている。
スキンブルシャンクス
コリコパット
名前以外は劇団四季オリジナル。怖いもの知らずで、何にでも立ち向かう姿が見られる。すばしっこくて耳が立った茶色の青年猫。ヴィクトリアとペアで踊るシーンが印象的
ランパスキャット
黒と白と灰色の毛並のエネルギッシュなオス猫。原版のアロンゾと外見や役割が似ている。過去は海外版と同じくランパスキャットとしてのナンバーがあったが現在はカットされている。
カーバケッティ
名前以外は劇団四季オリジナル。右目と口元に大きなブチがあるオス猫。歌のソロは無い。控えめな性格だが、メス猫をエスコートするなど紳士的。ディミータと体を寄せ合うシーンもある。
ギルバート
名前以外は劇団四季オリジナル。劇中劇グロールタイガーのシーンではシャム猫軍団の隊長を演じ、カンフーのような立ち回りを見せる。ジェリクルソングでは空中ブランコの芸を披露するなどアクロバティックな見せ場が多い。
マキャヴィティ
外見が原版と異なり、マントや仮面をまとっている。普段は黄色い猫の姿(名前やマキャヴィティとの関係などの公式設定は明らかでない)で舞台に登場している。
タンブルブルータス
原版のコリコパットと似た外見。多くのシーンでカッサンドラと寄り添っており、舞踏会でのペアダンスが印象的。

公演記録[編集]

全て劇団四季の主催である。

公演回数[編集]

受賞歴[編集]

  • 第18回(1989年)ぴあテン 演劇部門 第一位

上演記録[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]