ジェフ・ハーディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェフ・ハーディング
基本情報
階級 ライトヘビー級
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
誕生日 1965年2月5日(49歳)
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
ニューサウスウェールズ州シドニー
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 25
勝ち 23
KO勝ち 17
敗け 2
テンプレートを表示

ジェフ・ハーディングJeff Harding、男性、1965年2月5日 - )は、オーストラリアプロボクサー。身長183cm、リーチ187cm。元WBC世界ライトヘビー級王者。

来歴[編集]

1986年11月7日、プロデビュー。

1988年4月28日OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王者ダグ・サム(オーストラリア)と対戦し、5回TKO勝ちで王座を獲得した。

1989年3月1日、後にUFC 1に出場したアート・ジマーソンアメリカ)と対戦し、3-0の大差判定勝ち。

1989年5月12日ネストール・ジョバンニーニアルゼンチン)と対戦し、3-0の判定勝ち。

1989年6月24日WBC世界ライトヘビー級王者デニス・アンドリュースイギリス)と対戦し、12回TKO勝ちで王座を獲得した。

1990年3月18日、2度目の防衛戦でネストール・ジョバンニーニと再戦し、11回TKO勝ちで防衛に成功した。

1990年7月28日、3度目の防衛戦でデニス・アンドリュースと再戦し、7回KO負けで王座から陥落。キャリア初黒星となった。

1991年9月11日、デニス・アンドリュースとラバーマッチで対戦し、2-0の僅差判定勝ちで王座に返り咲いた。

1992年6月5日、元WBA世界スーパーミドル級王者クリストフ・ティオゾフランス)と対戦し、8回TKO勝ちで初防衛に成功。ティオゾの2階級制覇を阻止した。

1992年12月3日、デビッド・ビター(アメリカ)と対戦し、3-0の判定勝ちで2度目の防衛に成功した。

1994年7月23日、WBC世界ライトヘビー級王座統一戦で暫定王者マイク・マッカラムジャマイカ)と対戦し、0-3の判定負けで王座から陥落。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

  • 第15代WBC世界ライトヘビー級王座(防衛2度)
  • 第17代WBC世界ライトヘビー級王座(防衛2度)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
デニス・アンドリュース
第15代WBC世界ライトヘビー級王者

1989年6月24日 - 1990年7月28日

次王者
デニス・アンドリュース
前王者
デニス・アンドリュース
第17代WBC世界ライトヘビー級王者

1991年9月11日 - 1994年7月23日

次王者
マイク・マッカラム