ジェノタイピング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

説明[編集]

ジェノタイピング遺伝子型決定・遺伝子型判定)とは、ある個体のDNA配列をDNAシークエンシングなどによって識別し、他の個体のDNA配列や基準となるDNA配列と比較することによって、遺伝子型の違いを検出する方法である[1][2]。ジェノタイピングにより、ある個体が両親から受け継いだ対立遺伝子を明らかにすることができる。

方法[編集]

ジェノタイピングの方法としては、DNAシークエンシングの他に、SSCPSingle Strand Conformation Polymorphism、一本鎖高次構造多型)法、RFLPRestriction Fragment Length Polymorphism、制限酵素断片長多型)法、PCRPolymerase Chain Reaction, ポリメラーゼ連鎖反応)法、AFLP (Amplified Fragment Length Polymorphism) 法、ASOAllele Specific Oligonucleotide) プローブ法、DNAマイクロアレイDNAビーズに対する結合を検出する方法などがある。

実用上の意義[編集]

ジェノタイピングは遺伝子の研究や遺伝子多型に関連する病気の研究において重要であるが、上記の方法によるジェノタイピングは部分的なもの、すなわち、個人の遺伝子多型のうちで一部が同定されるにとどまっている。しかし、開発が進められている次世代DNAシークエンス技術を用いて、全ゲノム配列を解析すれば、個人の遺伝子多型を全ゲノムにわたって調べることが可能である[3]

ジェノタイピングは微生物を含む様々な個体、例えば、ウイルスバクテリアに対しても適用が可能である。病原体に対してジェノタイピングを適用し、感染症が発生した出所を追跡することにより、感染症の拡大を防ぐことに役立つ。このように、ジェノタイピングの利用は、分子疫学や微生物法医学にもおよぶ。

ヒトにおいてもジェノタイピングは利用されている。例えば、ヒトの遺伝子は3億以上の塩基対から構成されるが、わずか10から20の遺伝子多型を調べることにより、親子鑑定を行うことができる。

遺伝子操作を行った動物などについては、該当する遺伝子領域に対するPCRによって、ジェノタイピングを簡単に行うことができ、遺伝子組換えマウスなどの識別に用いられている[4]

脚注[編集]

  1. ^ ジェノタイピング法:バイオキーワード集:実験医学Online
  2. ^ "Genotyping definition" NIH
  3. ^ "全ゲノム関連解析&CNV解析" Illumina社
  4. ^ "簡単マウスジェノタイピング" 株式会社島津製作所

参考文献[編集]

  • SNP遺伝子多型の戦略―ゲノムの多様性と21世紀のオーダーメイド医療 (ポストシークエンスのゲノム科学) 中村 祐輔 著

関連項目[編集]