ジェネラル・アヴィエーション GA-43

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェネラル・アヴィエーション GA-43(モデル)

ジェネラル・アヴィエーション GA-43(General Aviation GA-43)は1930年代に製作されたアメリカ合衆国の単発で10座席の旅客機である。5機が製作され、スイス航空コロンビア・ドイツ航空公社などで使われた。1機は日本に輸出され、満州航空で使用が計画されたが就航前に事故で失われた[1]

フェアチャイルドのピルグム部門でバージニウス・クラーク(Virginius E. Clark)の設計で開発が行われたので、ピリグム 150、フェアチャイルド 150、クラーク GA-43とも呼ばれる。初飛行の前に、ピグリム工場がGMの支配するジェネラル・アヴィエーションに買収されたので、計画はジェネラル・アヴィエーションに引き継がれた。1932年5月22日に初飛行したが、1934年まで製造は行われず、GMがノースアメリカンの株式を取得し、ジェネラル・アヴィエーションを合併させてノースアメリカンとしたので、製造はノースアメリカンとして行われることになった。金属構造の低翼単葉の旅客機で、当初固定脚であったが、後に引き込み脚に改造され、楕円断面の10座席の客室と、独立した操縦室が設けられた。引き込み脚の機体4機が作られ、2機がスイス航空などで使われた。1機はフロートをつけて水上機とされ後にコロンビア・ドイツ航空公社に売られた。

要目[編集]

  • 乗員:2名
  • 乗客:10名
  • 全長:13.13 m
  • 全幅:16.15 m
  • 翼面積:43.2 m2
  • 空虚重量:2,420 kg
  • 全備重量:3,970 kg
  • エンジン:Wright R-1820, 700 hp
  • 最高速度:312 km/h
  • 航続距離:680 km

参考[編集]

  1. ^ The Surly Bonds of Earth
  • Taylor, Michael J. H. (1989). Jane's Encyclopedia of Aviation. London: Studio Editions. pp. 417.
  • "The Clark GA-43 Commercial Monoplane". Flight: 1176. 23 November
  • aerofiles.com