ジェネティック・セクシュアル・アトラクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェネティック・セクシュアル・アトラクション(Genetic sexual attraction:GSA)は、離れ離れになっていた親族が再会した場合に起こる、近親者同士の性的魅力である。通常、子供が幼児期に共に育てられるときには、この現象はウェスターマーク効果として知られる逆の性的刷り込みによって回避されるが、距離を置いた場合はこのような現象が起こりやすい。

ジェネティック・セクシュアル・アトラクションの原因としては、もともと親族であるため自らの特徴との類似点が多く、交配相手として魅力的と感じている可能性が挙げられる。また、このような生き別れの状況になる理由としては、養子縁組などが挙げられる。

2008年に『グッド・モーニング・アメリカ』に出演した、スコットランドで近親相姦罪で有罪を宣告された異父兄妹は、自分達の関係について子供時代に兄妹で一緒に育てられていないためだとして、ジェネティック・セクシュアル・アトラクションを原因として挙げていた[1]

GSAを扱った作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Incest couple defy Scots court ruling” (英語). タイムズ (2008年5月6日). 2011年7月2日閲覧。

関連項目[編集]