ジェット・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェット・ハリス
Jet Harris
基本情報
出生名 Terence Harris
出生 1939年7月6日
出身地 イングランド、ノースロンドン、キングスベリー
死没 2011年3月18日
職業 ミュージシャン
担当楽器 ベースギターギター
共同作業者 シャドウズジェフ・ベック・グループ、ザ・バイパーズ・スキッフル・グループ
公式サイト jetharris.biz

{{{Influences}}}

テレンス "ジェット" ハリス(Terence Harris, 1939年7月6日 - 2011年3月18日[1])は、イングランド出身のロックベーシスト。1962年まで在籍したシャドウズのメンバーとして有名。

経歴[編集]

ノースロンドンのキングスベリー出身[2]。ティーンエイジャーの頃はクラリネットを学んでいたが、自作のダブルベースを作ってジャズ・グループに加入、後に本物のダブルベースを手に入れた。1958年、当時一緒にプレイしていたドラマーのトニー・クロンビーの勧めで初めてエレクトリックベースを手にする。

バイパーズ・スキッフル・グループ、モスト・ブラザースなどを経て、1959年クリフ・リチャードのバックバンド、ドリフターズに加入 [3]。後にハリス自身の提案でシャドウズに改名する。ベースのほか、バックアップ・ボーカルでも貢献し、「フィーリン・ファイン」(Feeling Fine)、「ドゥ・ユー・ウォナ・ダンス」(Do You Wanna Dance?) などでトレードマークとなった絶叫は彼のものである。

1962年にシャドウズを脱退[3]、ソロとして、またシャドウズ時代の同僚であるドラマーのトニー・ミーハンとのデュオとして活動する。1963年には「ダイヤモンズ」(Diamonds) でイギリスのチャートの1位を記録した[4]。ミーハンとのコンビは引き続き「スカーレットオハラ」(Scarlett O'Hara)、「アップルジャック」(Applejack) をヒットチャートに送り込んだ。彼はベースをリード楽器としても使い、非常に個性的なサウンドを作り出した。

しかし1963年9月、アイドル歌手ビリー・デイヴィスと同乗していた車で事故に遭遇、頭部に重傷を負った(デイヴィスも顎を骨折する重傷)。妻帯者であるハリスと17歳のデイヴィスの関係がタブロイド紙の格好の餌食となり、成功から見放される[2][3]

1966年にソロでの復活を目論見、1967年には非常に短期間であるがジェフ・ベック・グループのラインアップに加わったが[2]、やがて音楽シーンから姿を消し、その後は肉体労働者、煉瓦職人、病院の雑役、バスの車掌など職を転々とする。音楽業界から離れている間にアルコール中毒に陥るなど、苦労を重ねたが回復し、時折ザ・ダイヤモンズなどと共演したほか、1989年のクリフ・リチャードのコンサートにもミーハンとともに参加した。

1998年には、フェンダー社からイギリスでのベース・ギターの普及に尽力した点を称えられ、表彰された。

その後は毎年、ブルース・ウェルチシャドウマニアに参加するほか、シャドウズのトリビュート・バンド、ザ・ラピアーズとツアーを行ったりしていた。

2008年12月デイリー・メールのインタビューに答え、シャドウズの結成50周年記念ロイヤル・バラエティ・ショウに誘われていないことを述べた[5]

2009年12月にワイト島のベンブリッジに移住。咽喉癌の治療を受けていた。2010年大英帝国勲章第五位(MBE)を授与された。

2011年3月18日、癌のためイングランドウィンチェスターで死去。71歳没[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Shadows guitarist Jet Harris dies”. theaustralian.com.au. 2011年3月18日閲覧。
  2. ^ a b c Biography by Richie Unterberger”. Allmusic.com. 2012年7月31日閲覧。
  3. ^ a b c Tobler, John (1992). NME Rock 'N' Roll Years (1st ed.). London: Reed International Books Ltd. p. 62. CN 5585. 
  4. ^ ChartArchive - Jet Harris And Tony Meehan
  5. ^ Mailonline. Accessed 2008-12-09

関連項目[編集]