ジェシー・リッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェシー・リッチ
Jesse Litsch
20110805-1086 Jesse Litsch.jpg
ブルージェイズ時代(2011年8月5日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ピネラスパーク
生年月日 1985年3月9日(29歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト24巡目(全体717位)でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 2007年5月15日
最終出場 2011年9月25日
年俸 $830,000(2011年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェシー・アレン・リッチ(Jesse Allen Litsch, 1985年3月9日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ピネラスパーク出身の右投右打の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

少年時代はタンパベイ・デビルレイズが運営する野球クラブに所属しており、トロピカーナ・フィールドでバットボーイをしていた[2]

南フロリダ大学に進学し、2004年ドラフト24巡目(全体717位)でトロント・ブルージェイズから指名され入団。

2007年5月15日ボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー、いきなり8回2/3を1失点の好投で初登板初勝利をあげる[3]。その後は一旦マイナー落ちを経験したが、故障したA・J・バーネットの代役として7月に再昇格すると、その後は先発ローテーションに定着し、最終的に20試合に先発登板して7勝9敗、防御率3.81という成績を残した。シーズンオフにはバーノン・ウェルズと共に、トロント市内の子供200人を対象にチャリティー活動を行った[4]

2008年は開幕からローテーション入りし、5月24日カンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャー初完封[5]。6,7月に調子が落ち込み、一時マイナー落ちも経験したが、8月に復帰してからは防御率1.94と好調を維持し[6]、最終的に、29試合に登板して176イニングを投げ、初の二桁勝利となる13勝をあげた。これはいずれも2枚看板のロイ・ハラデイ、バーネットに次いでチーム3位の成績であった。

2009年にはエースのロイ・ハラデイに次ぐ先発ローテーションの2番手として開幕を迎えたが、シーズン2度目の登板となった4月13日ミネソタ・ツインズ戦で肘を痛めて途中降板。そのまま故障者リスト(DL)入りし、6月にトミー・ジョン手術を受け、シーズンを終えた[7]

2010年ではトミー・ジョン手術から復帰するも防御率5.79と完全復活とはならなかった。腰の手術のためにシーズン途中で登板を終えた。

2012年は右肩の故障で登板なしに終わる。オフに戦力外となり、FAになった。

2014年8月21日に、現役引退を表明した。[8]

選手としての特徴[編集]

制球力を武器にした打たせて取るピッチングが持ち味で、奪三振率は高くないが与四球も少ない。2008年は4月から5月にかけて38回2/3連続無四球の球団新記録を樹立している(従来の記録はジミー・キーの34回1/3)[5]

得意球はカッターで、2008年は全投球に占めるカッターの割合が43.4%に達し、メジャーリーグで規定投球回数に到達した投手の中では最も高かった。その他には、スライダーカーブチェンジアップを投げる[9]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 TOR 20 20 0 0 0 7 9 0 0 .438 478 111.0 116 14 36 2 7 50 2 0 56 47 3.81 1.37
2008 29 28 2 2 0 13 9 0 0 .591 735 176.0 178 20 39 2 8 99 4 0 79 70 3.58 1.23
2009 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 42 9.0 14 4 1 0 1 8 0 0 9 9 9.00 1.67
2010 9 9 0 0 0 1 5 0 0 .167 202 46.2 53 7 15 0 2 16 1 0 30 30 5.79 1.46
2011 28 8 0 0 0 6 3 1 3 .667 317 75.0 69 10 28 2 3 66 3 0 40 37 4.44 1.29
通算:5年 88 67 2 2 0 27 27 1 3 .500 1774 417.2 430 55 119 6 21 239 10 0 214 193 4.16 1.31
  • 2011年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Jesse Litsch Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2011年12月29日閲覧。
  2. ^ Mark Topkin,05/14/07,Litsch caps rapid rise with callup to Toronto,tampabay.com(英語),2009年9月4日閲覧
  3. ^ Baltimore Orioles vs. Toronto Blue Jays - Box Score - May 15, 2007,ESPN(英語),2009年9月4日閲覧
  4. ^ Jesse Carlson: Biography and Career Highlights,bluejays.com(英語),2009年9月4日閲覧
  5. ^ a b The Associated Press,05/24/08,Litsch gets first shutout as Jays top Royals 6-0,USATODAY.COM(英語),2009年9月4日閲覧
  6. ^ Jesse Litsch :Game Log 2008,ESPN(英語),2009年9月4日閲覧
  7. ^ Todd Wills/Special to MLB.com,06/09/09,Litsch to undergo Tommy John surgery,bluejays.com(英語),2009年9月4日閲覧
  8. ^ Former Blue Jays Pitcher Jesse Litsch Retires
  9. ^ Major League Leaderboards » 2008 » Pitchers » Pitch Type Statistics,FanGraphs Baseball(英語),2009年9月4日閲覧

外部リンク[編集]