ジェシカ・デュベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ジェシカ・デュベ
Jessica Dubé
Figure skating pictogram.svg
2011 TEB Short 341 Jessica Dubé Sébastien Wolfe.JPG
2011年エリック杯でのデュベとウォルフ
基本情報
代表国: カナダの旗 カナダ
生年月日: 1987年10月29日(27歳)
出生地: カナダ ドラモンビル
身長: 157 cm[1]
体重: 52 kg[1]
パートナー: セバスチャン・ウォルフ
元パートナー: ブライス・デイヴィソン
サミュエル・テトロー
コーチ: アニー・バラベー
ソフィー・リチャード
元コーチ: Yvan Desjardins
K. Wheeler
B. Magliarisi
S. Frieday
デヴィッド・ペルティエ
振付師: マリナ・ズエワ
セバスチャン・ブリテン
元振付師: ローリー・ニコル
デヴィッド・ウィルソン
パスカーレ・カメレンゴ
所属クラブ: CPAドラモンビル
引退: 2013年1月9日
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 158.44 2011 GPスケートカナダ
ショートプログラム: 57.68 2012 四大陸選手権
フリースケーティング: 105.21 2011 GPスケートカナダ
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界選手権
2008 ヨーテボリ ペア

ジェシカ・デュベフランス語: Jessica Dubé, 1987年10月29日 - )は、カナダケベック州ドラモンビル出身の女性フィギュアスケート選手。2006年トリノオリンピック、2010年バンクーバーオリンピックペアカナダ代表。パートナーはセバスチャン・ウォルフブライス・デイヴィソンサミュエル・テトロー

経歴[編集]

ケベック州のドラモンビルに生まれ、4歳でスケートを始めた。やがてサミュエル・テトローペアを組み、JGPブラオネン・ジュベルター杯ならびにカナダ選手権ジュニアクラスで優勝を果たすまでに躍進したが、2003年にペア解消。直後にブライス・デイヴィソンと新たにペアを結成した。ペアで活躍を続けた一方で、女子シングルも掛け持ちし、ISUジュニアグランプリで2度の表彰台歴がある。

2004年、2005年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ペアで2位。2006年トリノオリンピックペアに出場し10位となる。2007年カナダ選手権ペア優勝。2007年四大陸選手権では、ソロスピンでブライス・デイヴィソンのブレードが顔にあたるアクシデントがあり棄権。

2007-2008シーズン、スケートアメリカで優勝し、スケートカナダでは2位となった。3戦目のNHK杯は3位。初出場のグランプリファイナルではフリースケーティングの自己最高得点を更新し4位となった。2008年カナダ選手権には女子シングルとペアの2つにエントリーし、女子シングルでは6位に終わったもののペアでは2位となった。3度目の出場となった世界選手権ではミスを最小限に留めた演技で、ショートプログラム4位から順位を1つ上げ、自身初めての世界選手権のメダルを獲得した。

2008-2009シーズン、スケートカナダで2位、NHK杯で3位となりグランプリファイナルに進出することはできなかったものの2009年カナダ選手権では2度目の優勝を果たした。世界選手権では7位に終わり、バンクーバーオリンピックの最大出場枠を確保することはできなかった。

地元カナダで行われたバンクーバーオリンピックでは、ジャンプの調子が上がらないものの、6位に入賞した。

2010-2011シーズンの全ての試合をデイヴィソンのケガの治療のために欠場すると発表した。また、国内選手権の女子シングルの部門に出場する計画があることも発表した。[2]2011年3月にデイヴィソンとのペア解消を発表した。[3]

2011年4月17日、セバスチャン・ウォルフとのペア結成を発表。[4]その後、ISUグランプリシリーズに参戦。カナダ選手権では2位に入り、四大陸選手権および、世界選手権の代表に選出された。

2013年1月9日、競技生活からの引退を発表。引退前は右足の軟部組織の痛みに悩まされており、ジャンプの着氷では深刻な痛みを伴っていたことを語っている。引退後はコンコルディア大学での勉強とコーチ業を予定している。[5]

主な戦績[編集]

ペア[編集]

大会/年 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2011-12
冬季オリンピック 10 6
世界選手権 7 7 3 7 6 12
四大陸選手権 棄権 2 8
世界国別対抗戦 3
カナダ選手権 1 J 1 J 棄権 2 1 2 1 1 2
GPファイナル 4
GPエリック杯 2 5
GPスケートカナダ 2 2 3 6
GPNHK杯 3 3
GPスケートアメリカ 6 1
GP中国杯 4
ネーベルホルン杯 6
ニース杯 2 J
世界Jr.選手権 9 2 2
JGPファイナル 6 2 1 棄権
JGPハルビン 2
JGPロングビーチ 1
JGP SBC杯 2 1
JGPメキシコ杯 1
JGPブラオエン・シュベルター杯 1
JGPモントリオール 3
JGPハーグ 3

詳細[編集]

2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 12
55.83
12
100.53
12
156.36
2012年2月9日-12日 2012年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 7
57.68
8
97.11
8
154.79
2012年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権モンクトン 2
60.65
2
110.95
2
171.60
2011年11月18日-20日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 5
53.24
6
97.44
5
150.68
2011年10月28日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 6
53.23
7
105.21
6
158.44
2011年9月22日-24日 2011年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 6
47.17
7
88.47
6
135.64


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月23日-24日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 8
59.36
6
117.71
6
177.07
2010年2月14日-15日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 6
65.36
6
121.75
6
187.11
2010年1月15日-16日 カナダフィギュアスケート選手権ロンドン 2
62.87
1
135.40
1
198.27
2009年11月20日-21日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダキッチナー 3
57.90
3
109.03
3
166.93
2009年10月16日-17日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 3
64.54
2
116.43
2
180.97


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年4月17日-18日 2009年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 4
55.44
3
108.68
3
164.12
2009年3月24日-25日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 7
61.80
6
111.02
7
172.82
2009年2月4日-5日 2009年四大陸フィギュアスケート選手権バンクーバー 2
64.36
2
121.26
2
185.62
2009年1月14日-18日 カナダフィギュアスケート選手権サスカトゥーン 2
62.22
1
126.21
1
188.43
2008年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 3
55.24
3
101.52
3
156.76
2008年10月31日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダオタワ 3
60.14
1
116.40
2
176.54


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月18日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 4
68.66
2
124.12
3
192.78
2008年1月16日-20日 カナダフィギュアスケート選手権バンクーバー 5
54.32
2
120.54
1
174.86
2007年12月13日-16日 2007/2008 ISUグランプリファイナルトリノ 4
57.06
4
115.37
4
172.43
2007年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯仙台 3
58.16
3
102.05
3
160.21
2007年11月1日-4日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベックシティ 2
63.12
2
111.08
2
174.20
2007年10月25日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレディング 1
60.80
1
112.46
1
173.26


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 7
58.94
7
105.65
7
164.59
2007年2月7日-10日 2007年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 8
53.39
- 棄権
2007年1月15日-21日 カナダフィギュアスケート選手権ハリファックス 1
59.94
1
114.01
1
173.95


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 7
58.81
6
110.91
7
169.72
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ 11
55.48
10
104.23
10
159.71
2006年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 3
55.52
2
112.28
2
167.80
2005年11月3日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 4
53.16
4
104.32
4
157.48
2005年10月20日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカアトランティックシティ 6
47.90
5
104.30
6
152.20


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2005年2月28日-3月6日 2005年世界ジュニアフィギュアスケート選手権キッチナー 2
53.89
2
92.67
2
146.56
2005年1月17日-23日 カナダフィギュアスケート選手権ロンドン 6
50.66
- 棄権
2004年9月16日-19日 ISUジュニアグランプリ ハルビンハルビン 3
44.98
1
89.20
2
134.18
2004年9月9日-12日 ISUジュニアグランプリ スケートロングビーチロングビーチ 1
45.68
2
78.64
1
124.32


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 2 2 2
2003年12月11日-14日 2003/2004 ISUジュニアグランプリファイナルマルメ 1 1 1
2003年10月16日-19日 ISUジュニアグランプリ SBC杯岡谷 1 1 1
2003年9月25日-28日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯メキシコシティ 1 1 1


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2003年2月24日-3月2日 2003年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オストラヴァ 12 9 9
2002年12月12日-15日 2002/2003 ISUジュニアグランプリファイナルハーグ 4 2 2
2002年11月 2002年ニース杯 ジュニアクラス(ニース 3 2 2
2002年10月10日-6日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ 3 1 1
2002年9月26日-29日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール 3 3 3

女子シングル[編集]

大会/年 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2010-11
カナダ選手権 5 J 2 J 8 棄権 6 6
JGPブラオエン・シュベルター杯 棄権
JGPハルビン 3
JGPバルト杯 6
JGPメキシコ杯 3
ニース杯 1 J

詳細[編集]

2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月20日-23日 カナダフィギュアスケート選手権ビクトリア 5
48.81
8
82.09
6
130.90


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月16日-20日 カナダフィギュアスケート選手権バンクーバー 8
46.76
8
84.86
6
131.62


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年1月15日-21日 カナダフィギュアスケート選手権ハリファックス 8
46.59
- 棄権



2005-2006 シーズン
2006年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 4
18.55
10
40.04
9
70.97
8
129.56


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年10月7日-10日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ 13
35.94
- 棄権
2004年9月16日-19日 ISUジュニアグランプリ ハルビンハルビン 2
49.23
3
76.48
3
125.71


2003-2004 シーズン
2003年10月30日-11月2日 ISUジュニアグランプリ バルト杯グダニスク 7 3 4
2003年9月24日-28日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯メキシコシティ 4 3 3


2002-2003 シーズン
2002年11月 2002年ニース杯 ジュニアクラス(ニース 1 1 1

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2012-2013 Three Hours Past Midnight
作曲:コリン・ジェームス
映画『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』サウンドトラックより
作曲:ジェームズ・ホーナー
2011-2012 Heroesより
Sense of Doubt
Neuköln
VS Schneider
作曲:フィリップ・グラス
トゥルー・カラーズ
ボーカル:シンディ・ローパー
2010–2011 映画『マスク・オブ・ゾロ』より
作曲:ジェームズ・ホーナー
映画『追憶』より
作曲:マーヴィン・ハムリッシュ
2009–2010 映画『レクイエム・フォー・ドリーム』より
作曲:クリント・マンセル
フィックス・ユー
曲:コールドプレイ
2008-2009 フィックス・ユー
曲:コールドプレイ
歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
On Fire
演奏:スウィッチフット
2007-2008 ガリシア・フラメンコ
作曲:ジーノ・ダウリ
The Blower's Daughter
作曲:ダミアン・ライス
The Blower's Daughter
作曲:ダミアン・ライス
2006-2007
2005-2006 あなたに出逢えて
作曲:ラウル・ディ・ブラシオ
ヘ調の協奏曲
作曲:ジョージ・ガーシュウィン
エンドレス・ラブ
ボーカル:ライオネル・リッチーダイアナ・ロス
2004-2005 映画『ロミオとジュリエット』より
作曲:ニーノ・ロータ
My Immortal
曲:エヴァネッセンス
2003-2004 Whose Woods These Are
作曲:デヴィッド・トーク
ロメオとジュリエット
作曲:セルゲイ・プロコフィエフ

脚注[編集]

  1. ^ a b http://www.olympic.ca/en/athletes/jessica-dube/
  2. ^ [1]
  3. ^ Comments from Dube, Davison on split
  4. ^ Jessica Dubé se déniche un nouveau partenaire: Sébastien Wolfe
  5. ^ Jessica Dubé and Sébastien Wolfe retire from competitive figure skating
[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]