ジェサリン・ギルシグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェサリン・ギルシグ
Jessalyn Gilsig
Jessalyn Gilsig
2009年
本名 Jessalyn Sarah Gilsig
生年月日 1971年11月30日(42歳)
出生地 ケベック州モントリオール
国籍 カナダの旗 カナダ

ジェサリン・ギルシグ(Jessalyn Gilsig、1971年 - )は、カナダ女優である。代表作はTVシリーズ『ボストン・パブリック』と『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』である。また、『NYPDブルー』や『プリズン・ブレイク』などにも出演している。

人物[編集]

ケベック州モントリオール出身で、母は作家兼翻訳家で、父はエンジニア[1] 。 12歳のころから俳優業を始めた。高校は、モントリオールの下町にある女子高に通った。ハーバード大学のアメリカン・レポートリー・シアター(en:American Repertory Theater)で学び、1983年から、英文学士号を取得する93年まで、マギル大学で学んだ[2]。 2002年、高校時代から付き合っていた映画プロデューサーであるボビー・サロモンとハリウッドに移り、2005年1月1日に結婚。ジェサリンの父方がユダヤ系であり、サロモンもユダヤ教徒であったため、結婚式はユダヤ教の伝統にのっとったものになった[3] 。 2人の間に一女をもうけたが、2人は2009年から別居中であり[4][5][6][7]、2010年には離婚手続きを開始した [8]

俳優としての経歴[編集]

彼女は声優として、俳優のキャリアをスタートさせ、『キャメロット』といったアニメ作品に出演した。2000年には、『ボストン・パブリック』のローレン・デイヴィス役で初めてメインキャストを演じた。

1995年にニューヨークに移り、オフ・ブロードウエイの舞台に立つ。また、カナダのテレビシリーズ等にも出演するようになる。

2000年代に入ってから『ボストン・パブリック』や『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』といったアメリカの人気ドラマに出演するようになる。2009年には『Glee』に出演、ウィル・シュースターの妻を演じて、全米映画俳優組合賞アンサンブル演技賞(コメディ部門)を受賞。

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1989 ジャックナイフ
Jacknife
ガールフレンド
1998 モンタナの風に抱かれて
The Horse Whisperer
ルーシー
魔法の剣 キャメロット
Quest for Camelot
Kayley 声の出演
1999 アイリスの秋
A Cooler Climate
キャリー テレビ映画
2004 ラフ・ショット
Chicks with Sticks
ポーラ
2007 デイ・アフター 首都水没
Flood
サム
エアポート'08
Destination: Infestation
キャロライン・ロス テレビ映画
2008 プロムナイト
Prom Night
カレン・ターナー
2009 ステップファーザー/殺人鬼の棲む家
The Stepfather
ジュリー・キング

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1999 ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル
The Practice
ジェニファー 2エピソード
2000-2002 ボストン・パブリック
Boston Public
ローレン・デイヴィス 44エピソード
2003 FBI失踪者を追え!
Without a Trace
ホイットニー・リダー 1エピソード
2003-2008 NIP/TUCK マイアミ整形外科医
Nip/Tuck
ジーナ・ルッソ エピソード
2004 NYPDブルー
NYPD Blue
ケリー・ロンソン刑事 5エピソード
2005 プリズン・ブレイク
Prison Break
リサ・リックス 4エピソード
2006 ロー&オーダー
Law & Order
アンジェラ 1エピソード
2007-2008 HEROES
Heroes
メレディス・ゴードン 10エピソード
Friday Night Lights シェリー・ヘインズ 6エピソード
2008 CSI:ニューヨーク
CSI: NY
ジョーダン・ゲイツ 3エピソード
2008 XIII
XIII
キム ミニシリーズ
2009-2012 Glee
glee
テリ・シュースター 45エピソード
2012 続ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所
Harry's Law
ブリアナ・マーシュ 1エピソード
2013 グッド・ワイフ
The Good Wife
ジャニー 1エピソード
Viking シギー・ハロルドソン 9エピソード


脚注[編集]

  1. ^ Jessalyn Gilsig Biography (1971-)
  2. ^ “Grateful for a Gleeful gig”. McGill News. (2010年5月19日). http://publications.mcgill.ca/mcgillnews/2010/05/19/grateful-for-a-gleeful-gig/ 2010年5月19日閲覧。 
  3. ^ “Glee Star Jessalyn Gilsig Files for Divorce”. People. (2010年10月13日). http://www.people.com/people/article/0,,20433935,00.html 2010年10月15日閲覧。 
  4. ^ “Glee Star Jessalyn Gilsig Files for Divorce”. People. (10/13/2010). http://www.people.com/people/package/article/0,,20413595_20433935,00.html 2013年7月12日閲覧。 
  5. ^ “Glee Star Jessalyn Gilsig Files for Divorce”. US Weekly. (2010年10月13日). http://www.usmagazine.com/celebritynews/news/glee-star-jessalyn-gilsig-files-for-divorce-20101310 2013年7月12日閲覧。 
  6. ^ “‘Glee’ Star Jessalyn Gilsig Files for Divorce!”. WhyFame. (2010年10月13日). http://gossip.whyfame.com/glee-star-jessalyn-gilsig-files-for-divorce-7462 2013年7月12日閲覧。 
  7. ^ “Glee Star's Marriage Hits Sour Note”. E! Online. (2010年10月13日). http://au.eonline.com/uberblog/b205423_glee_stars_marriage_hits_sour_note.html 2013年7月12日閲覧。 
  8. ^ 「Glee」ウィルの元妻役ジェサリン・ギルシグ、私生活でも離婚へ”. AXNニュース (2010年10月14日). 2010年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]