ジェイムズ・リー・バーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・リー・バーク
(James Lee Burke)
誕生 1936年12月5日(78歳)
アメリカ合衆国の旗 テキサス州ヒューストン
職業 作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ミズーリ大学コロンビア校
活動期間 1965年 -
ジャンル ミステリ
代表作 『シマロン・ローズ』
主な受賞歴

エドガー賞 長編賞
1990年 ブラック・チェリー・ブルース

エドガー賞 長編賞
1998年 シマロン・ローズ
配偶者 あり
子供 4人
アラフェア・バーク(娘)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジェイムズ・リー・バークJames Lee Burke1936年12月5日 - )は、アメリカ合衆国推理作家。代表作はデイヴ・ロビショー・シリーズ。1990年に『ブラック・チェリー・ブルース』(原題:Black Cherry Blues )で、1998年に『シマロン・ローズ』(原題:Cimarron Rose )でエドガー賞 長編賞を受賞。

ロビショー・シリーズは2度映画化されており、「ヘブンズ・プリズナー」(1996年公開)はアレック・ボールドウィンが、「エレクトリック・ミスト 霧の捜査線」(日本劇場未公開)はトミー・リー・ジョーンズがそれぞれロビショーを演じた。ほかにもテキサス州の弁護士ビリー・ボブ・ホランドのシリーズや、彼のいとこでテキサス州保安官ハックベリー・ホランドらが主人公のミステリのシリーズや短編のアンソロジーを発表している。

生い立ち[編集]

1936年テキサス州ヒューストンに生まれ、テキサスとルイジアナの州境のガルフ・コースト英語版で幼少期を過ごした。ルイジアナ大学ラファイエット校英語版ミズーリ大学コロンビア校に進学し、ミズーリ大学で学士号及び修士号を取得した。石油関連、報道関係、社会福祉関連の仕事を経験。モンタナ州へ引っ越す少し前(1980年代)にはウィチタ州立大学でクリエイティブ・ライティングの教師をしていた。

私生活[編集]

モンタナ州ロロとルイジアナ州ニューイベリアに家があり、妻と暮らしている。妻との間に4人の子がおり、娘のアラフェア・バークも推理作家である。孫は4人いる。短編作家のアンドレ・デビュース三世英語版は従弟である。

著書[編集]

デイヴ・ロビショー シリーズ[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 ネオン・レイン The Neon Rain 1987年 1990年10月 大久保寛 角川書店角川文庫
2 天国の囚人 Heaven's Prisoners 1988年 1991年12月
3 ブラック・チェリー・ブルース Black Cherry Blues 1989年 1990年11月 佐和誠
4 フラミンゴたちの朝 A Morning for Flamingos 1990年 1992年11月 大久保寛
5 過去が我らを呪う A Stained White Radiance 1992年 2001年1月 鈴木恵
6 エレクトリック・ミスト In the Electric Mist with Confederate Dead 1993年 1997年9月 大久保寛
7 ディキシー・シティ・ジャム Dixie City Jam 1994年 2001年4月
8 燃える天使 Burning Angel 1995年 2002年7月 鈴木恵
9 Cadillac Jukebox 1996年
10 Sunset Limited 1998年
11 Purple Cane Road 2000年
12 Jolie Blon's Bounce 2002年
13 Last Car to Elysian Fields 2003年
14 Crusader's Cross 2005年
15 Pegasus Descending 2006年
16 The Tin Roof Blowdown 2007年
17 Swan Peak 2008年
18 The Glass Rainbow 2010年
19 Creole Belle 2012年

ビリー・ボブ・ホランド シリーズ[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 シマロン・ローズ Cimarron Rose 1997年 1999年7月 佐藤耕士 講談社講談社文庫
2 ハートウッド Heartwood 1999年 2001年7月
3 Bitterroot 2001年
4 In the Moon of Red Ponies 2004年

ハックベリー・ホランド シリーズ[編集]

  1. Lay Down My Sword and Shield (1971)
  2. Rain Gods (2009)
  3. Feast Day of Fools (2011)

その他[編集]

  1. Half of Paradise (1965)
  2. To The Bright and Shining Sun (1970)
  3. Two for Texas (1982)
  4. The Lost Get-Back Boogie (1986)
  5. White Doves at Morning (2002)

短編アンソロジー[編集]

  1. The Convict (1985)
  2. Jesus Out to Sea (2007)

受賞・ノミネート[編集]

受賞
ノミネート
  • 1998年:『シマロン・ローズ』でバリー賞長編賞ノミネート
  • 1999年:"Sunset Limited"ディリス賞ノミネート
  • 2000年:"Purple Cane Road" でゴールド・ダガー賞ノミネート
  • 2002年:"Jolie Blon's Bounce" でゴールド・ダガー賞ノミネート
  • 2003年:"Jolie Blon Bounce" でエドガー賞 長編賞ノミネート、マカヴィティ賞長編賞ノミネート
  • 2007年:"Pegasus Descending" でゴールド・ダガー賞ノミネート
  • 2008年:"The Tin Roof Blowdown" でゴールド・ダガー賞ノミネート、アンソニー賞長編賞ノミネート
  • 2011年:"The Glass Rainbow" でマカヴィティ賞長編賞ノミネート

参考[編集]

外部リンク[編集]