ジェイムズ・ブッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・ブッカー
ジェイムズ・ブッカー, 1978年
ジェイムズ・ブッカー, 1978年
基本情報
出生名 James Carroll Booker III
出生 1939年12月17日
米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 1983年11月8日
米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル R&Bジャズブルース
職業 ミュージシャン
担当楽器 ピアノ
レーベル アイランド・レコード
ラウンダー・レコード
JSPレコード

{{{Influences}}}

ジェイムズ・ブッカー (James Booker, 1939年12月17日 - 1983年11月8日) は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズピアニストシンガー。クラシックからジャズ、R&B、ロックまで幅広く弾きこなす、ニューオーリンズきっての技巧派プレイヤーだった。クラシック・ピアノの巨匠アルトゥール・ルービンシュタインは、1958年にニューオーリンズを訪問した際彼のプレイ聴いて驚愕し、「私はあんな風には絶対に弾けない。少なくともあのようなテンポでは」と語ったという。[1]

来歴[編集]

ブッカーは、1939年12月17日、ニューオーリンズに生まれた。父親はバプテスト教会の牧師であり、ブッカーは幼少期を父親が牧師を務めるミシシッピ州の湾岸で過ごした。母親にサクソフォンを与えられたが、鍵盤楽器に興味を示し、父親の教会でオルガンを弾くようになった。

10代になってニューオーリンズに戻ったブッカーは、徐々にその頭角を現していった。わずか11歳でゴスペルのラジオ局WMRYで自らの番組枠を持ち、ピアノをプレイするようになる。14歳のときには、デイヴ・バーソロミューの目に留まり、インペリアル・レコードにリトル・ブッカーの名前で初レコーディング。また、同レーベルではスタジオ・ミュージシャンとしても活躍し、ファッツ・ドミノアール・キングらのレコーディングでプレイした。

1961年、自己名義のインスト・ナンバー"Gonzo"をリリース。これがニューオーリンズ周辺でヒットとなる。1950年代から60年代にかけてブッカーは、主にセッション・ミュージシャンとして数多くのアーティストのレコーディング、ツアーに参加し活躍した。彼が当時バックを務めたアーティストには、ウィルソン・ピケットB.B.キングロイド・プライスシャーリー&リーエイモス・ミルバーンジュニア・パーカーリトル・リチャードなどがいる。

1967年、ヘロイン不法所持の罪で有罪となり、アンゴラ刑務所に1年間服役した。このため一時的に活動の中断を余儀なくされたが、出所後間もなくファッツ・ドミノFats Is Back (1968年)への参加など、すぐにまたセッション・ミュージシャンとしての活動を再開している。

1970年代に入ると、自己名義の活動を増やしていった。1973年、後にThe Lost Paramount Tapesとしてリリースされることとなるアルバムをロサンゼルスでレコーディングする。また、1976年には、ニューオーリンズのシーセイント・スタジオでアルバムJunco Partnerのレコーディングを行った。

一方、ブッカーは地元のメイプル・リーフ、ティピティーナス、スナグ・ハーバーといったクラブへ頻繁に出演、またニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルへも出演するなど、ライヴ活動も積極的に行っていった。1977年にはヨーロッパ・ツアーも行い、現地でKing of the New Orleans Keyboardなど、アルバムのレコーディングもしている。

しかしながら、この頃からブッカーはアルコール中毒と麻薬中毒に加え、精神病を患い、体調を崩していった。演奏も調子のよいときと悪いときの落差が激しくなり、また奇行も目立つようになった。1982年のアルバムClassifiedのレコーディングの際には直前に倒れて入院する事態となったが、奇跡的にアルバムは完成した。しかしながら、これが彼の生前最後の作品となってしまった。

1983年11月8日、ブッカーはコカインの過剰摂取で倒れ、ニューオーリンズのチャリティー病院にて亡くなった。43歳の若さであった。死後歳月が経っても、彼は未だにニューオーリンズで最高のピアニストの一人として多くのミュージシャン、ファンから尊敬を集めている。2003年には、彼を尊敬するピアニスト達が集結し、トリビュート・アルバムPatchwork: A Tribute to James Bookerがリリースされた。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1976年 Junco Partner (Island)
  • 1976年 The Piano Prince Of New Orleans (Aves)
  • 1976年 Blues & Ragtime From New Orleans (Aves)
  • 1977年 New Orleans Piano Wizard: Live!" (Gold)
  • 1982年 Classified (Rounder)
  • 1984年 King of New Orleans Keyboard Vol. I (JSP)
  • 1984年 Mr. Mystery (Sundown)
  • 1985年 King of New Orleans Keyboard Vol. II (JSP)
  • 1991年 Let's Make A Better World! (Amiga)
  • 1993年 Resurrection Of The Bayou Maharajah (Rounder)
  • 1993年 Spider on the Keys (Rounder)
  • 1995年 The Lost Paramount Tapes (DJM)
  • 1996年 Gonzo: More Than All The 45's (Night Train)
  • 1996年 New Orleans Keyboard King (Orbis)
  • 1997年 Live at Montreux (Montreux Sounds)
  • 2000年 United, Our Thing Will Stand (Night Train)
  • 2000年 A Taster of Honey (Night Train)
  • 2007年 Manchester '77 (Document)

注釈[編集]

外部リンク[編集]