ジェイムズ・ハミルトン (第5代アバコーン公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
5代アバコーン公(アラン・ウォーレン英語版撮影)

第5代アバコーン公爵ジェイムズ・ハミルトン: James Hamilton, 5th Duke of Abercorn, KG1934年7月4日 - )は、イギリスの貴族、政治家。

襲爵前にアルスター統一党所属の庶民院議員を2期務め、後に王室家政長官Lord Steward; 王室家令長[訳語疑問点]に任命された。

経歴[編集]

ハミルトン侯爵ジェイムズ・ハミルトンの長男(第2子)としてロンドンで生まれる[1]。母親のキャスリーン・ハミルトン英語版はクリントン子爵ヘンリー・クリントン(第4代アーン伯爵英語版ジョン・クリントン英語版の長男で第5代アーン伯爵ジョン・クリントン英語版の父)の娘[1][2]。父親が第4代アバコーン公爵となった1953年から自身が襲爵する1979年までは「ハミルトン侯爵」(Marquess of Hamilton)の儀礼称号を称した[1]

イートン・カレッジを経てイギリス王立農業大学Royal Agricultural College)で学び[1]1952年グレナディアガーズに入隊。1964年イギリス総選挙ロバート・グローヴナー卿英語版(後の第5代ウェストミンスター公爵)の後継としてファーマナ・アンド・サウス・ティロン英語版選挙区から立候補、政界入り。以後1970年イギリス総選挙で落選するまでアルスター統一党所属の庶民院議員[2]1979年に父親の死去により爵位を相続、グレートブリテン貴族「アバコーン侯爵」として貴族院に議席を得る。貴族院改革のあった1999年11月11日まで在職した[3][注釈 1]1970年ティロン州長官[訳語疑問点]High Sheriff of Tyrone)となり[5]1987年から2009年まではティロン州知事[訳語疑問点]Lord Lieutenant of Tyrone)も務めた[6][2]1999年ガーター勲章を受勲[7]2000年から2008年までアイリッシュガーズの名誉職の隊長に任じられており[8]、加えて2001年から2009年まで王室家政長官の職にあった。

2012年10月17日からガーター騎士団長英語版に就任した[9]

アバコーンは15,000エーカー(61平方キロメートル)以上の土地を所有するアイルランド島最大の地主の一人であり、北アイルランドティロン州ニュータウンスチュワート英語版バロンズコートを邸宅としている。

栄典[編集]

2006年6月19日ガーター・セレモニーセント・ジョージ・チャペル英語版へ向かうガーター騎士団員アバコーン公爵(後方の人物)。手前の人物はアンソニー・アクランド英語版

爵位[編集]

  • 1979年6月4日、第5代アバコーン公爵1868年創設アイルランド貴族爵位)[1]
  • 1979年6月4日、第6代アバコーン侯爵(1790年創設グレートブリテン貴族爵位)[1]
  • 1979年6月4日、第5代ハミルトン侯爵(1868年創設アイルランド貴族爵位)[1]
  • 1979年6月4日、第14代アバコーン伯爵(1606年創設スコットランド貴族爵位)[1]
  • 1979年6月4日、第7代ハミルトン子爵(1786年創設グレートブリテン貴族爵位)[1]
  • 1979年6月4日、第9代ストラバン子爵(1701年創設アイルランド貴族爵位)[1]
  • 1979年6月4日、第14代レンフルーのペイズリー卿(1587年創設スコットランド貴族爵位)[1]
  • 1979年6月4日、第14代ハミルトン、ペイズリー卿(1606年創設スコットランド貴族爵位)[1]
  • 1979年6月4日、第14代アバコーン卿(1603年創設スコットランド貴族爵位)[1]
  • 1979年6月4日、第15代ハミルトン卿、ストラバン男爵(1617年創設アイルランド貴族爵位)[1]
  • 1979年6月4日、第9代マントキャッスル男爵(1701年創設アイルランド貴族爵位)[1]

勲章[編集]

その他[編集]

  • 1979年6月4日、第10代ハミルトン準男爵(1660年アイルランド準男爵位)[1]


家族[編集]

1966年10月20日ウェストミンスター寺院アレグザンドラ・アナスタシア・“サーシャ”・フィリップス英語版と結婚した[1]。彼女の妹ナタリア英語版は第6代ウェストミンスター公爵ジェラルド・グローヴナーの夫人となっている。

夫婦の間には2男1女が生まれている[1][2]

  • ハミルトン侯爵ジェイムズ・ハロルド・チャールズ・ハミルトン (1969年 - )
  • レディ・ソフィア・アレグザンドラ・ハミルトン (1973年 - ) - ジャーナリストのアンソニー・ロイド英語版と結婚、後に離婚
  • ニコラス・エドワード・ハミルトン卿 (1979年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ トニー・ブレア政権による貴族院改革により、1999年11月11日に世襲貴族の議席は92議席を残して削除され、アバコーン公爵を含む大半の世襲貴族が議席を失った。以降の貴族院は爵位を世襲できない一代貴族が議員の大半を占めている[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Lundy, Darryl. “James Hamilton, 5th Duke of Abercorn” (英語). thepeerage.com. 2012年2月12日閲覧。
  2. ^ a b c d Cracroft-Brennan, Patrick. “James [Hamilton], 5th Duke of Abercorn, KG” (英語). Cracroft's Peerage. 2012年2月12日閲覧。
  3. ^ UK Parliament. “Mr James Hamilton” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年10月16日閲覧。
  4. ^ 田中(2009) p.229/241
  5. ^ Belfast Gazette: no. 2596, p. 13, 1970年1月9日. 2012年2月12日閲覧。
  6. ^ Lieutenants and Lords-Lieutenants (Ireland) 1831-” (英語). Institute of Historical Research (University of London). 2012年2月12日閲覧。
  7. ^ a b London Gazette: no. 55466, p. 4575, 1999年4月23日. 2012年2月12日閲覧。
  8. ^ London Gazette: (Supplement) no. 56020, p. 12480, 2000年11月7日. 2012年2月12日閲覧。
  9. ^ a b London Gazette: no. 60301, p. 19937, 2012年10月17日

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
ロバート・グローヴナー卿英語版
ファーマナ及びティロン選挙区英語版選出庶民院議員
1964年 - 1970年
次代:
フランク・マクマヌス英語版
宮廷職
先代:
第4代リドリー子爵英語版
王室家政長官英語版
2001年 - 2009年
次代:
第17代ダルハウジー伯爵英語版
軍職
先代:
ルクセンブルク大公ジャン
アイルランド近衛連隊名誉連隊長
2000年 - 2008年
次代:
サー・セバスチャン・ロバーツ英語版
名誉職
先代:
ジョン・ハミルトン=スタウバー英語版
ティロン知事英語版
1986年 - 2009年
次代:
ロバート・ロウリー・スコット英語版
先代:
第6代キャリントン男爵
ガーター騎士団騎士団長英語版
2012年 - 現在
次代:
在任中
アイルランドの爵位
先代:
ジェイムズ・ハミルトン
第5代アバコーン公爵
1979年 - 現在
次代:
受爵中