ジェイムズ・ハミルトン (第5代アバコーン公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
5代アバコーン公(アラン・ウォーレン英語版撮影)

第5代アバコーン公爵ジェイムズ・ハミルトン: James Hamilton, 5th Duke of Abercorn1934年7月4日 - )は、イギリスの貴族、政治家。襲爵前にアルスター統一党所属の庶民院議員を2期務め、後に王室家政長官Lord Steward; 王室家令長[訳語疑問点]に任命された。

ハミルトン侯爵ジェイムズ・ハミルトンの長男(第2子)としてロンドンで生まれる[1]。母親のキャスリーン・ハミルトン英語版はクリントン子爵ヘンリー・クリントン(第4代アーン伯爵英語版ジョン・クリントン英語版の長男で第5代アーン伯爵ジョン・クリントン英語版の父)の娘[1][2]。父親が第4代アバコーン公爵となった1953年から自身が襲爵する1979年までは「ハミルトン侯爵」(Marquess of Hamilton)の儀礼称号を称した[1]

イートン・カレッジを経てイギリス王立農業大学Royal Agricultural College)で学び[1]1952年グレナディアガーズに入隊。1964年イギリス総選挙ロバート・グローヴナー卿英語版(後の第5代ウェストミンスター公爵)の後継としてファーマナ・アンド・サウス・ティロン英語版選挙区から立候補、政界入り。以後1970年イギリス総選挙で落選するまでアルスター統一党所属の庶民院議員[2]1979年に父親の死去により爵位を相続、グレートブリテン貴族「アバコーン侯爵」として1999年の貴族院法英語版制定まで貴族院に議席を得る。

1970年ティロン州長官[訳語疑問点]High Sheriff of Tyrone)となり[3]1987年から2009年まではティロン州統監[訳語疑問点]Lord Lieutenant of Tyrone)も務めた[4][2]1999年ガーター勲章を受勲[5]2000年から2008年までアイリッシュガーズの名誉職の隊長に任じられており[6]、加えて2001年から2009年まで王室家政長官の職にあった。

アバコーンは15,000エーカー(61平方キロメートル)以上の土地を所有するアイルランド島最大の地主の一人であり、北アイルランドティロン州ニュータウンスチュワート英語版バロンズコートを邸宅としている。

家族[編集]

1966年10月20日ウェストミンスター寺院アレグザンドラ・アナスタシア・“サーシャ”・フィリップス英語版と結婚した[1]。彼女の妹ナタリア英語版は第6代ウェストミンスター公爵ジェラルド・グローヴナー英語版の夫人となっている。

夫婦の間には2男1女が生まれている[1][2]

  • ハミルトン侯爵ジェイムズ・ハロルド・チャールズ・ハミルトン (1969年 - )
  • レディ・ソフィア・アレグザンドラ・ハミルトン (1973年 - ) - ジャーナリストのアンソニー・ロイド英語版と結婚、後に離婚
  • ニコラス・エドワード・ハミルトン卿 (1979年 - )

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Lundy, Darryl. “James Hamilton, 5th Duke of Abercorn” (英語). thepeerage.com. 2012年2月12日閲覧。
  2. ^ a b c d Cracroft-Brennan, Patrick. “James [Hamilton], 5th Duke of Abercorn, KG” (英語). Cracroft's Peerage. 2012年2月12日閲覧。
  3. ^ Belfast Gazette: no. 2596, p. 13, 1970年1月9日. 2012年2月12日閲覧。
  4. ^ Lieutenants and Lords-Lieutenants (Ireland) 1831-” (英語). Institute of Historical Research (University of London). 2012年2月12日閲覧。
  5. ^ London Gazette: no. 55466, p. 4575, 1999年4月23日. 2012年2月12日閲覧。
  6. ^ London Gazette: (Supplement) no. 56020, p. 12480, 2000年11月7日. 2012年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
第4代リドレー子爵
王室家政長官
2001-2009
次代:
第17代ダルフージー伯爵
先代:
ジェイムズ・ハミルトン
アバコーン公爵
第5代: 1979-
次代:
-