ジェイムズ・グラハム (初代モントローズ侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代モントローズ侯ジェイムズ・グラハム

初代モントローズ侯爵ジェイムズ・グラハムJames Graham, 1st Marquess of Montrose, 1612年 - 1650年5月21日)は、清教徒革命期のスコットランド貴族である。国民盟約の成立に主導的役割をはたし、始めは盟約派、後に国王派としてスコットランド内戦の戦いを指揮した。父は第4代モントローズ伯ジョン・グラハム、母は初代ガウリ伯ウィリアム・リヴァンの娘マーガレットで、ダンディー子爵ジョン・グラハムは同族に当たる。

1626年、父の死によって襲爵し第5代モントローズ伯となり、セント・アンドルーズ大学に学んだ。17歳でマグダレーナ・カーネギーと結婚した。

チャールズ1世イギリス国教会形式の祈祷書実施に強く反発し、有志を募り国民盟約を結成してスコットランドを平定した。その後盟約派は二派に分かれ、スコットランドの自治を主張する者(強硬派)と長老制教会制度さえ確保できれば国王のもとにあるべきとする者(穏健派)に分裂し、モントローズ侯は穏健派の代表格であった。

盟約派内の対立は内戦になり、モントローズら盟約穏健派は国王側についた。インヴァロッヒーの戦いキルシスの戦いなどで連戦連勝を重ねたが、イングランド議会軍の後押しを受けたリーヴン伯アレクサンダー・レスリーの軍にフィリップホフの戦いで敗れ、大陸に亡命した。

チャールズ1世が処刑されると、1650年チャールズ王太子のためにオークニー諸島で挙兵した。しかし王太子の裏切りにあって孤立し、カービーズデールで盟約軍の奇襲を受けて捕えられ、エディンバラでアーガイル侯アーチボルド・キャンベルによって処刑され、遺体は各地にばらばらに分散された。王政復古の後アーガイルは処刑され、モントローズの遺体は集められて英雄とされた。

先代:
ジョン・グラハム
モントローズ伯爵
第5代:1626年 - 1650年
次代:
ジェイムズ・グラハム
先代:
-
モントローズ侯爵
初代:1644年 - 1650年
次代:
ジェイムズ・グラハム