ジアリホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジアリホール
Dialifor
識別情報
CAS登録番号 10311-84-9
PubChem 25146
ChemSpider 23490
日化辞番号 J3.118F
特性
化学式 C14H17ClNO4PS2
モル質量 393.85 g/mol
外観 白色の粉末[1]
融点

67~69 ℃

への溶解度 難溶
その他の溶剤への溶解度 アセトンクロロホルムキシレンエーテルに易溶。エタノールヘキサンに難溶。
危険性
半数致死量 LD50 5mg/kg (ラット、経口)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジアリホール: Dialifor)は 有機リン殺虫剤の一種。ジアリホス: Dialifos)とも呼ばれる。

用途[編集]

アメリカのハーキュリーズ社が開発した農薬で、商品名は「トーラック」。ミカンハダニサビダニヤノネカイガラムシなどに有効であった。日本では1972年6月30日に農薬登録を受け、1982年には日本国内で90トンの原体が生産されたが、1984年1月10日に登録が失効している。

安全性[編集]

日本の毒物及び劇物取締法上の毒物に該当する。人体に対しては、縮瞳や胸部圧迫感など有機リン化合物特有の中毒症状が生じる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 製品安全データシート和光純薬工業
  2. ^ 『農薬毒性の事典 改訂版』p75

参考文献[編集]

  • 植村振作・河村宏・辻万千子・冨田重行・前田静夫著 『農薬毒性の事典 改訂版』 三省堂、2002年ISBN 978-4385356044

外部リンク[編集]

  • ジアリホス - 神奈川県環境科学センター:安全性・毒性