シー・デビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シー・デビル
She-Devil
監督 スーザン・シーデルマン
脚本 バリー・ストルガッツ
マーク・R・バーンズ
製作 ジョナサン・ブレット
スーザン・シーデルマン
出演者 ロザンヌ・バー
メリル・ストリープ
エド・ベグリー・Jr
リンダ・ハント
音楽 ハワード・ショア
撮影 オリヴァー・ステイプルトン
編集 クレイグ・マッケイ
配給 オライオン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年12月8日
日本の旗 1990年6月15日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $15,351,421 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

シー・デビル』(She-Devil)は、1989年に製作されたスーザン・シーデルマン監督、ロザンヌ・バー主演のブラックコメディ映画である。

概要[編集]

人気テレビ番組『ロザンヌ』で人気を博したコメディエンヌロザンヌ・バーの記念すべき映画初主演作である本作。お世辞にも美しいとは言えない地味で平凡な主婦が、夫の浮気に逆上して、計画的に復讐していくというフェイ・ウェルドン原作のブラック・コメディなのだが、女性に関するサクセス・ストーリーでもある。共演には、『ソフィーの選択』で見事アカデミー主演女優賞を受賞したメリル・ストリープに、エド・ベグリー・Jr、そして同じくアカデミー賞受賞女優のリンダ・ハントら“個性派”が顔を揃える。それまでは知的で聡明な女性を演じることが多かったストリープだが、本作では一転。見事に頂点から転げ落ちる女流作家をユーモラスかつコミカルに演じている。監督は、後に人気テレビシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』の数エピソードの監督を務めた女性監督のスーザン・シーデルマンが務める。

あらすじ[編集]

とある郊外の住宅地に住む平凡で地味な主婦のルース(ロザンヌ・バー)。二人の子供を持ち、夫で会計士のボブ(エド・ベグリー・Jr)との4人暮らしで一見幸せそうに見えた。しかしふたを開けてみれば、夫のボブはかなりの浮気人で、若い娘に目をつけては声を掛けまくるような性格。おまけに二人の子供は、やんちゃで自分勝手。そんな生活にいい加減飽き飽きし始めていたある日、ルースとボブはとあるパーティに出席する。パーティの最中、ボブは人気女流作家のメアリー・フィッシャー(メリル・ストリープ)にワインをこぼしてしまう。そのことがきっかけで2人は、急接近。早速その夜に関係を持ち始め、ルースを尻目によろしくやり始める。冴えない風貌の妻にいい加減うんざりしていたボブも、しまいにはメアリーとの同棲を決意。しかし、ボブの浮気に薄々勘付き始めていたルースも、とうとうボブの両親を招いた夕食の席で怒り爆発。そんな妻に見かねたボブも、家を出て行ってしまう。一人取り残されたルースは、自分を裏切った夫ボブへの復讐を誓い、4つの項目を書いたリストを作成するのだった…。

スタッフ・キャスト[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 TV版
ルース・パチェット ロザンヌ・バー 吉田理保子 磯辺万沙子
メアリー・フィッシャー メリル・ストリープ 藤田淑子 島本須美
ボブ・パチェット エド・ベグリー・Jr 富山敬 宮本充
フーパー リンダ・ハント
ミセス・フィッシャー シルヴィア・マイルズ
ニコレット・パチェット エリザベス・ピーターズ
アンディ・パチェット ブライアン・ラーキン
ガルシア A・マルティネス 島田敏
オリヴィア・ハニー マリア・ピティロ 松井菜桜子
ラリー ジャック・ギルピン 喜多川拓郎

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]