シーハン症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シーハン症候群(シーハンしょうこうぐん、: Sheehan syndrome)は、出産分娩に伴う大量出血によって引き起こされる下垂体機能低下症。Simmond's diseaseとも称される。

分娩による大量出血によって主に下垂体前葉が虚血性壊死を生じることで引き起こされてくる。症状は下垂体機能低下症が生じてくる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]