シーナカリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シーナカリン
ศรีนครินทร
Mom Sangwal and M.C. Ananda Mahidol.JPG
シーナカリンとアーナンタマヒドン王子(1925年)
全名 シーナカリンタラー=ボーロマラーチャチョンナニー
出生 1900年10月21日
ノンタブリー県シャム
死去 1995年7月18日(満94歳没)
タイ王国の旗 バンコクタイ
配偶者 ソンクラーナカリン
子女 カンラヤーニワッタナー
アーナンタマヒドン
プーミポンアドゥンラヤデート
父親 チュー・チュークラモン
母親 カム・チュークラモン
テンプレートを表示

シーナカリンタラー=ボーロマラーチャチョンナニー王太后สมเด็จพระศรีนครินทราบรมราชชนนี, 1900年10月21日 - 1995年7月18日)はタイ王国国王ラーマ8世(アーナンタマヒドン)およびラーマ9世(プミポンアドゥンラヤデート)の母。タイ国外では通称、シーナカリン王太后 (Sinagarindra the Princess Mother of Thailand) などと呼ばれる。

タイ北部を愛し、頻繁に訪れたことから、北部の特に山岳民族からソムデット・ヤーสมเด็จย่า, 「祖母陛下」程度の意味)と呼ばれ、親しまれた。また、タイでは一般にメーファールワンแม่ฟ้าหลวง、Princess Motherの意)と呼ばれる。なお、旧名はサンワーン・タラパットสังวาลย์ ตะละภัฏ)である。

伝記[編集]

トンブリーで開業していた華僑の金細工職人の娘として、1900年に誕生する。9歳の時父母が死亡したが、ペッチャブリーラーチャシリントーン王女(ワライアロンコーン王女)の宮女となり、サットリーウィッタヤー学校に通う。その後、16歳の時からシリラート病院に看護婦として勤務するが、後に王室の奨学金を頂戴し、アメリカに留学、20歳で留学先で出会ったソンクラーナカリン王子(マヒドンアドゥンラヤデート王子)と結婚した。その後、ソンクラーナカリンが急病に倒れる1929年までに、カンラヤーニワッタナー王女、アーナンタマヒドン王子、プーミポンアドゥンラヤデート王子を産んだ。

1929年にソンクラーナカリン王子が死去すると、サンワーンの理解者であり姑であったシーサワリン妃(サワーンワッタナー王女)の住むサラパトゥム宮殿に身を寄せる。後に、立憲革命の混乱の最中、ラーマ7世(プラチャーティポック)が退位、1935年に息子のアーナンタマヒドン王子が国王になり、王子の平民出身の嫁から一躍、国王の母となった。この頃、サンワーンからシーサワリン妃に送られた書簡には「私が国王の母にふさわしくないのであれば、どうぞ王族の母を持つ方を王に選出するように彼ら(=政府)に言ってください」とあり、かなり動顛していたことが伺われる。

1935年にアーナンタマヒドンが即位しラーマ8世となると、ラーマ8世があまりタイの気候に合わないことや、ラーマ8世の学業の継続などの理由から、家族と共にスイスローザンヌに戻った。その後、ラーマ8世が謎の死を遂げ、プーミポンがラーマ9世となったが、1960年、ラーマ9世とシリキット王妃がヨーロッパへ行くと一時的に摂政となり、国王の業務を代行した。

晩年、シーナカリンは北部地域に大きく関心を寄せ、ドーイ・トゥンの近辺で国境警備隊の名誉隊員となり、山岳民族を訪ねて回り、また、無料で山岳を巡回する医師達の活動を支援した。この他、多くの慈善事業に参加している。また、ドーイトゥン宮殿を建て、そこに行くのを楽しみともしていた。

しかし、1991年に体調を崩して以降は何度も体調を崩すようになり、1995年に崩じた。1996年5月10日、正式に葬式が執り行われ、ワット・ラーチャボーピットに遺骨が奉納された。なお1993年には、シーナカリンを記念して建てられたソムデットヤー公園が開園している。

その他[編集]

シーナカリン王太后の像

シーナカリンに由来する公共団体や地名などが各地に残っている。以下ではそれらのリストである。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • Handley, Paul M. The King Never Smiles, United States of America: Yale University, 2006, ISBN 978-0-300-10682-4