シートン・ホール大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シートン・ホール大学( - だいがく / Seton Hall University )は、アメリカ合衆国のカトリック系私立大学。所在地はニュージャージー州サウス・オレンジ。1856年にニューワク大司教ジェイムズ・ルーズベルト・ベイリーにより設立された名門私立大学。同大学は、ニューワク大司教区が運営する合衆国最古のカトリック系大学であるとともに、ニュージャージー州における総合私立大学でもある。学生数は約1万人で学部生が約6,000人、大学院生が約4,000人で、約2,350人がかキャンパス内で寮生活をしている。スポーツはアメリカ大学1部リーグのビッグ・イースト・コンファレンスに所属し多数のプロ選手を輩出している。

USNewsの大学ランキングでは総合大学の部で100位前後、高校のカウンセラー推薦部門では常に100位以内にランクされている。専攻分野ではビジネス、法、外交、看護などが著名で、特にロースクールは全米で30~40位前後にランクされることが多い[1][2]

最近では、51代や現在の55代ニュージャージー州知事もシートン・ホール大学法学部卒業生である。

沿革[編集]

シートン・ホール大学の創設は1856年9月1日。ニュージャージー州マディソンにおいて、ジェイムズ・ルーズベルト・ベイリー(アメリカ合衆国第26代大統領セオドア・ルーズベルトの従兄弟)の大司教管区によって設立されている。同大学の名称由来は、ジェイムズの叔母であるエリザベス・アン・シートン英語版(アメリカ生まれで初のカトリック教会の聖人)によっている。現在のサウス・オレンジに1864年5月に移転した。現在は神学部、文理学部、ビジネス・スクール、ロー・スクール、国際関係・外交学部、教育・人間学部、看護学部、健康科学部の8学部より成り立っている。医学部は1965年に州立のニュージャージー医科歯科大学に合併統合された。

ESL program (English as a second language)[編集]

英語を母語としない人たちのためのプログラムがあり世界各国からの留学生も多く在籍している。 1学期の学費が1,500ドルなので、他の大学やカレッジに比べるかなり安く設定されている。 F−1ビザ保持者はフルタイム(週12時間)が必須。 英語の読み書きから、リスニング、ビジネス英語、TOEFL対策等、合計28のコースがあり、初心者向けから上級者用もあるため自分のレベルに合わせたコースを受けることができる。 申請はホームページから書類をダウンロードし、必要事項を記入し大学へ送付。メールにて質問等も可。

脚注[編集]

  1. ^ Top Law Schools: 2010 Super Lawyers U.S. Law School Rankings
  2. ^ Law Schools Report