シーチャン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯13度8分59.7秒 東経100度48分30.4秒

シーチャン島郡
位置画像
シーチャン島郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอเกาะสีชัง
チョンブリー県
地理番号 2008
郵便番号 20120
統計
面積 17.3 km2
人口 4,812 人 (2001年)
人口密度 279.13 人/km2
行政
テンプレートを表示

シーチャン島タイ語風にコ・シーチャンとも)はタイ中部にある島の一つ。行政区分としては郡(アムプー)である。

名称[編集]

名称については詳しいことはわかっていない。クメール語起源説。「4人の農民」という意味の「シーサン」という中国語からきているという説、島が獅子の形に似ていることからサンスクリット語で「獅子の脛」といういみの「シーチョン (สีห์ชงฆ์) 」からきているという説、「チャン仙人(ルシーチャン)」という有名な仙人の出身地であることから来たという説がある。

歴史[編集]

シーチャン島は海の商人たちの避難所として知られていた。ラーマ5世(チュラーロンコーン)はこの地を避暑地として、チュタートゥット宮殿を建設した。チュタートゥットとはラーマ5世の息子の名前である。しかしこの宮殿は1893年フランスが占領したことから放棄された。

元々、シーチャン島はサムットプラーカーン県サムットプラーカーン市の管轄であったが、1943年1月1日チョンブリー県シーラーチャー郡の管轄とされた[1]。1994年、分郡から郡へ昇格した[2]

地理[編集]

シーチャン島はバンコク湾東岸に位置し、南北に長い島の形となっている。

経済[編集]

島の経済は観光業で成り立っている。

行政区分[編集]

シーチャン島郡にはタムボン・ターテーワウォンという1つのタムボンがあり、さらにその下位に7つの村(ムーバーン)がある。島全体がテーサバーン(自治体)になっており、テーサバーンタムボン(タムボン自治体)・コシーチャンと呼ばれる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]