シーズンシート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シーズンシートは、購入者が一定の金額を支払うことにより、指定された座席番号の席を購入者専用の座席として一定期間使用出来る座席のこと。年間予約席とも言う。

概要[編集]

野球やサッカーなど、1シーズン通して同じ開催場所で何度も試合が行われる場合、球団やクラブ側が指定された座席番号の座席を一定金額にて販売、購入者を募る。球団より割り当てられた座席番号の座席を指定された金額にて購入した場合、購入者はその座席を球団やクラブ側が指定した期間、必ず同じ席で観戦出来る。

基本的に1シーズン毎の契約となるため、期間満了後は自動的に契約解除となる。尚希望者には、次のシーズンも購入することが出来、契約を継続することが出来る場合がある。

契約を行うと、球団やクラブ側よりシーズンシート購入者向けの特別なサービスを受けることが出来る。1シーズンを通じて同じ座席の確保が保証されるため、一般で販売されるチケットの価格×試合数の金額よりは割高の金額設定となっている場合が多い。

シーズンシートは球団・クラブによっては購入希望者が殺到する。特にアメリカのメジャーリーグNFLの場合、球団によってはキャンセル待ちが10年以上に及ぶことも珍しくない。グリーンベイ・パッカーズシカゴ・カブスに至っては30年~40年待つのが当たり前であり、順番が回ってきた頃には申し込んだ本人が既に亡くなっているケースが少なくない。

日本での事例[編集]

野球[編集]

日本のプロ野球12球団それぞれ、ホームゲームを行う球場でシーズンシートの販売を行っている。 一番金額設定の高い座席を販売しているのは東北楽天ゴールデンイーグルスの「プレステージ・エキサイトセブン」(7名掛けのボックスシート)で500万円(1席当り 約71万4285円)、1席当り及び1席単体で販売されているものとしては、福岡ソフトバンクホークスの「コカ・コーラシートSS」1席当り 135万円となっている。

サッカー[編集]

Jリーグは2009年から、イレブンミリオンプロジェクトの一環として、シーズンシート券に非接触ICカードを内蔵した「ワンタッチパス」システムを導入、2011年までに全クラブが対応するとしていたが、JFLとの入れ替えやJ3発足後は一部未対応クラブあり。

1枚のカードにファンクラブ会員証と年間チケットの機能を同時に持たせており、全ての試合会場でこの会員証を読取装置にかざすと来場履歴が残るようになっている。将来的には、試合・イベントの告知、公式グッズの購入、イベント・ボランティア活動参加などに対するポイント発行とポイント特典の贈呈などといったサービスも行うとしている。ほとんどのクラブは楽天Edyとの一体型を採用している。その他にはジェフユナイテッド市原・千葉Suica)やサンフレッチェ広島PASPY)などの他のものとの一体型を採用しているクラブもある。

バスケットボール[編集]

JBLでは、日本バスケットボールオペレーションズ(JBO)が対象となるチームのシーズンシートを扱っていた。興行権を保持するチームでは各自「シーズンチケット」の名で販売している。

bjリーグでは各球団ごとにシーズンシートを販売しているが、運営会社に経営などの問題が発生した場合、リーグがシーズンシートの販売を停止させることもある。

ボクシング[編集]

東日本ボクシング協会では後楽園ホールでの年間リングサイド席を「ボクシング・ボックスシート」と名づけて50万円強で販売している。これとは別に主催興行に限定した「年間シート」を扱うプロモーターも存在する。ただし、いずれの場合も世界タイトルマッチをメインとする興行は除外される。

プロレス[編集]

後楽園ホールで定期興行を打つ団体において、同所を対象とした年間シートを販売している。

関連項目[編集]