シージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シージ(Siege)はマサチューセッツ州ウェイマスで結成されたハードコアバンド。当時のボストンのシーンでは決して知名度が高くなかったが、グラインドコアファストコアの成立に大きな影響を及ぼしたと考えられている。Siegeという単語自体は「攻城戦」を意味する。

メンバー[編集]

  • ケヴィン・マホーニー(Kevin Mahoney) - ボーカル、サクソフォン
  • カート(Kurt Habelt) - ギター
  • ヘンリー・マクナミー(Henry McNamee) - ベース
  • ロブ・ウィリアムズ(Rob Williams) - ドラム

バイオグラフィー[編集]

1981年頃に、当時まだ中学生程度だった カート、ヘンリー、ロブにより後にシージとなるバンドが結成される。しばらくラインナップが安定しなかったが、スカバンドをやっていた、ブレインツリー出身のケヴィンの加入により落ち着く。1984年にデモを製作、1985年には Pushead のハードコア・コンピレーション"Clense the Bacteria"に参加するが、その後一年かそこらで解散してしまう。

だが、前述のデモのダビング・テープがビル・スティアー(元カーカス・ナパーム・デス、現ファイアバード)を経てナパーム・デス加入直前のシェーン・エンバリーの手に渡り、多大なる音楽的インスピレーションを与えた。このため、シージはグラインドコアの源流のひとつとされている。

Siege の音楽は、後のブラストビートの原点ともいえる高速ビートを用いた過激なハードコアで、当時ボストンで盛んだったストレートエッジのシーンでは受け入れられることが無かった。Siege は西マサチューセッツやコネティカットを活動の中心に置いていたが、そこで後のダイナソーJr.セバドーのメンバーが在籍していた、Deep Woundと共演した事もある。

シージのオフィシャル音源は、前述のコンピレーションに提供された3曲だけだったが、1994年にリラプスがデモ音源を"Drop Dead"のタイトルでCD化している。また、1990年代初めにアナル・カントのセス・パットナムをボーカルに迎えて再結成したが、すぐに立ち消えになってしまった。

2011年10月14日、ボーカリストのケヴィンが、糖尿病との闘病の末、合併症により死去した。

外部リンク[編集]